東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

世田谷区給田にて塗膜が劣化したスレート屋根をサーモアイSi(クールディープグレー)で塗装メンテナンス


 世田谷区給田にお住まいのお客様より、屋根の塗装メンテナンスのご依頼を承りました。
 今年で築14年になるとの事ですが、外壁に関しては以前塗装メンテナンスを行ったことがあるそうですが、屋根に関しては今回が初めてとの事です。なかなか普段目にする機会のない屋根ですので、現状がどの程度傷んでいるのか分からず、塗装工事を行える状態かどうかを診てほしい、との事でした。

ビフォーアフター

before
施工前
arow
arow
after
施工後

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 
築年数
14年
施工期間
10日間
保証年数
10年

スレート屋根の点検調査

劣化したスレート屋根
塗膜が劣化したスレート

 実際に屋根に上って状態を確認いたします。使用している屋根は化粧スレートです。化粧スレート屋根というのはセメントと繊維材料を合せて作られた平板状の屋根材です。以前はこれにアスベストを含んだ素材で石綿スレートとして販売されていましたが、健康被害で問題視されている為、現在はアスベストを含んだスレート材は製造は中止しております。この化粧スレート屋根ですが、塗装塗膜によって表面を保護することで耐久性を維持しているため、表面の塗膜の劣化がそのまま屋根材自体の劣化につながります。

 お客様のスレートを見てみますと、表面の塗膜はすでにかなり劣化している状態にあります。築14年という事ですが、塗料の性能は環境にもよりますがだいたい7年から10年で劣化してきてしまいます。劣化時期から数えてもすでに5年前後経過していますので、塗膜がところどころはく離し、化粧スレートの素地が見えてきてしまっている状態です。また、ところどころ赤茶色に変色しているところがありますが、これは防水性を失ったことにより繁殖したカビや苔です。特に日中日光の当たりにくい北側の斜面ではそれが顕著にでています。

塗膜が劣化
棟板金の釘の浮き

 化粧スレートに塗布された塗膜自体は劣化してきているのですが、確認したところ化粧スレート自体はまだ反りや変形もなく、屋根の上を歩いた感触からしても、沈むような感触もないことから野地板や垂木の状態がしっかりしている事が伺えます。
 棟板金の状態もみてみましたが、こちらも釘が抜けそうになっている個所が数か所ある程度で、板金自体の状態は良好でした。しかし塗膜はやはり劣化してきていますので、こちらも塗装工事を行ったほうがいいでしょう。
 お客様には点検中に撮影した写真をご覧いただきながら、工事のご提案をさせていただき、サーモアイSiによる塗装工事を承りました。

サーモアイSiによる塗装工事

足場架設
屋根の高圧洗浄

 最初に安全のため足場を架設し、塗装しない箇所を汚さないようメッシュシートやビニールシートをかけていきます。
 まずはスレートの表面に付着している汚れや、カビや苔、そして前回の塗装塗膜を高圧洗浄で一気に洗い流していきます。

ひび割れの補修
スレートの補修

 高圧洗浄後、ケレン、補修作業です。ヒビの入ったスレートを塗装前に補修していきます。シーリングを使用して亀裂を塞いでいきます。このように化粧スレートの亀裂を発見しますと、ただちに雨漏りを起こすのではないか?とご心配される方もいらっしゃいますが、実際には屋根の割れ、即雨漏りというわけではありません。屋根材の下には防水紙、すなわちルーフィングが設置され、その防水紙が雨漏りを防いでいます。ただし屋根材の劣化は防水紙の劣化にも繋がりますので、早急に補修をしたほうがいいのは確かです。

合わせ目の補修

 棟板金も塗装する前に釘の抜けなど補修していきます。今回は貫板の状態も悪くないため、釘の打ち増しで対応いたします。板金の合わせ目もシーリングで埋めて防水処理を施しておきます。

下塗り塗装

 下地作業が終わりましたらいよいよ塗装に移ります。塗装の工程は下塗り・中塗り・上塗りの基本3回塗りを行います。
 まずはシーラーを使用して下塗り塗装を行います。下塗りは、スレート表面と仕上げ塗料の密着性を高める為にはとても重要な工程です。使用します塗料はサーモアイシーラーです。ローラーを使用して丁寧に塗っていきます。

タスペーサ設置
タスペーサ設置

 下塗りを終えた段階でタスペーサーを設置いたします。タスペーサーはスレートとスレートの間にわざと隙間を作る具材です。屋根材の隙間から入ってしまった雨水を排出する役目をします。

サーモアイSiによる中塗り塗装
仕上げ塗装

 下塗りの塗料が十分に乾いたのち、仕上げ用塗料を塗っていきます。今回使用しているのは日本ペイントのサーモアイSiです。色はクールディープグレーです。非常に高い遮熱性が特徴で、他の塗料と比較しますと暑い夏場などは室温が3~4度低くなるほどの効果が得られます。
 仕上げ塗装は2回行います。スレートに色をつけるだけでしたら1回の塗装だけでも可能ですが、塗り斑が起きたり、塗膜の耐久性が低くなり、すぐに剥がれてしまったりします。下塗りと合わせて3回塗る事で塗膜に充分な厚みを増し、メーカーが期待する本来の性能を発揮しますので、しっかりと丁寧に重ねていきます。

 すべて塗り終えたら完了となります。最後に複数のスタッフにより塗り残しや塗装後に付着した汚れが無いか確認し、タッチ補修を行った後完工ととなります。

 

破風の塗装

 破風板や鼻隠しなどの付帯部分も塗装します。塗料はファインパーフェクトトップです。屋根同様に下塗り、上塗り2回と、ローラーと刷毛を使い分けて塗り重ねていきます。

スレート屋根の塗装工事、竣工

屋根塗装工事完工

 屋根・外壁の塗装工事、竣工です。塗り重ねたことにより塗膜に厚みが出たため、光沢が増しているのが分かります。お客様も長年住み続けたお住まいの屋根がご希望された色できれいに生まれ変わった姿を見て大変ご満足いただけたご様子でした。屋根・外壁の塗装でお悩みがございましたら、まずは私達街の外壁塗装やさんにご連絡ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江戸川区東葛西で外壁塗装のご相談を受け点検調査にお伺い致しました

 江戸川区東葛西で建てられてから15年を経過したお住まいのお客様より外壁塗装工事のご相談を承りました。特にお客様が気にされておりましたのは、シーリングの劣化による割れの発生と部分的にサイディングに変形が見られると言った部分でした。早速現地調… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 西東京市富士町にて屋根メンテナンス調査、築22年になり塗膜が劣化、広範囲にわたり苔が繁殖していました

 本日は西東京市富士町にて、屋根のメンテナンス調査に伺った模様をお伝えします。今回のお客様は今年で築22年目になるお住まいです。最近になり屋根汚れが目立つようになり気になっているとの事で、築20年も過ぎたこともあり、メンテナンスをご検討され… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 三鷹市深大寺にてスレート屋根の調査、築19年目で塗膜が劣化し色褪せたスレート屋根にはファインパーフェクトベストによる塗装工事をご提案

 三鷹市深大寺にお住まいのお客様より、屋根メンテナンスの調査に伺った模様をお伝えいたします。 お客様のお住まいは今年で築19年、最近屋根の色褪せや汚れが気になるようになってきたので、状態次第では塗装工事をお願いしたい、との事でしたので早速お… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に