東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

葛飾区西水元で屋根外壁の塗装工事、遮熱塗料を使用してエコ助成金を活用して施工致しました。


 葛飾区西水元で、建てられてから15年を経過した屋根がスレート、外壁材にALCを使用したお住まいで、お客様より全体の塗装工事について検討しているとのご相談を頂きました。早速現地調査にお伺いしお話しをさせて頂くと、先ずは葛飾区で実施しているエコ助成金について詳しくお聞きしたいとのご要望を承り、ご説明させて頂きました。助成金を活用したこれまでの区内における数々の施工実績と共に、申請代行が可能な件、更に必要な書類と手順についてご説明し、日本ペイントの遮熱塗料サーモアイシリーズでの塗装工事をご提案させて頂きお話しを進めて参りました。

ビフォーアフター

before
塗装前のALC外壁のお住まい
arow
arow
after
塗装工事完了です

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 防水工事 部分塗装 その他 
使用材料
屋根 日本ペイント サーモアイSI 外壁 日本ペイント 水性サーモアイウォール
築年数
15年
施工期間
3週間
保証年数
8年

現地調査の様子

外壁の変色が発生しています
 先ずは現地調査の実施です。建てられてから約15年を経過しておりますが、年数の割りには非常にしっかりとした印象です。しいて言えば色褪せや変色を来たしているので、ところどころ外壁の色が異なっている部分が見受けられました。

チョーキング現象

外壁を触りチョーキング調査
チョーキングが発生
 外壁に触れてみると白い粉が付着します。この現象はチョーキング現象と呼ばれ、表面塗膜が無くなってきた事を知らせるサインで、外壁塗装工事の実施時期が来たとも判断出来る要素となります。お客様の方でもその辺りを気にされており、外壁塗装工事をご検討される材料となったとの事でした。

シーリングに割れも発生しておりました

縦目地シーリングのひび割れ
横目地シーリングのひび割れ
 更にシーリングにも縦目地、横目地共に割れが生じており、お手入れのサインが出ていると言えます。この状態で放置してしまうとALC外壁の場合、場所によっては雨漏りの発生原因にも繋がります。トータル的にチョーキング現象と併せて屋根塗装、及び外壁の塗装、それに付随するシーリング工事をこの頃合いでなされた方が良い事をお薦めさせて頂きました。

遮熱塗料をご提案、区役所へエコ助成金の申請

遮熱塗料カタログ
区役所へ助成金申請
塗装工事を進めていく方向でのお話となりましたが、今回葛飾区のエコ助成金の活用についてのご相談もお受けしておりました。遮熱塗料を用いて施工するとその塗装面積や工事費に応じた助成金が申請出来ます。今回ご案内した塗料は日本ペイント社のサーモアイシリーズ。ETVのマークが示す通り、環境省による実証試験を経て認可を受けた塗料ですので、こちらを使用しての塗装工事提案となります。お客様にもこれまで葛飾区内においての施工実績のご紹介、更には申請の代行と必要書類や実施の手順についても丁寧にご案内させて頂き、最終的に当社の方で施工及び助成金の前後申請も含めてお任せ頂く運びとなりました。工事のお申し込みをお受けし、工事着手前に葛飾区へ助成金の申請を行います。

工事の開始、足場架設が始まりました

足場架設準備
足場を組み立てて行きます
 申請から約2週間、無事葛飾区からの承認を受けましたので、これで工事スタートとなります。塗装工事のスタートは足場架設から始まります。

メッシュシートと会社のPRシートを取り付けて足場完成

足場架設の完成です
 今回は3階建てとなりますので、組み立てにほぼ丸一日かかりました。足場組後、飛散防止、安全対策の為のメッシュシートを貼り、更に会社のPRシートも取り付け足場工事の完了です。私たち街の外壁塗装やさんでは、このように塗装工事おいてはこの会社の表記を掲げて施工します。勿論PR効果の期待も有りますが、工事ごとですのでご近隣様へのご迷惑の恐れも有ります。そう言った際に緊急連絡先を載せさせて頂く事により、皆様からのご連絡と迅速な対応が取れる様にと言う意味合いも有ります。足場架設も完成しましたのでこれで本格的な施工に繋がっていきます。

塗装職人さんの乗り込み、先ず最初の作業は高圧洗浄作業

屋根の高圧洗浄
外壁の高圧洗浄
 ここからいよいよ塗装職人さんの登場です。塗装職人さんの最初の作業は高圧洗浄となります。屋根、外壁とも高圧水で徹底的に洗っていきます。言うなれば塗装工事はお住まいのお化粧です。お化粧の際の下地のお手入れ、これをしっかりと行う事でその仕上がりに反映されていく訳です。

続いてシーリング作業に入ります

オートンイクシード
養生してシーリング準備
 洗浄作業で綺麗に下地を整えた後はシーリング工事です。使用する材料はオートンイクシードと言う材料です。これまでの既存のシーリング材よりも高耐久な材料です。少しでも長く持たせる塗装工事、これが私たちの使命と考え材料選びにも妥協無く取り組んでおります。材料の付着防止の為の見切り養生テープを取り付け、その後プライマーを入れてシーリング材の注入準備を致します。

ALCの外壁はシーリング増し打ち工事です

シーリング材の注入
ヘラで形成処理
 プライマーを入れた後シーリング材の注入です。ALC外壁のシーリング工事は増し打ち工事と言って、既存のシーリングの上に厚みを持たせて打ち増していく施工法です。シーリング材を注入、ヘラで形成し表面を整えて参ります。

シーリング作業の終了

シーリングの増し打ち完了です
 縦横目地、窓廻り等の開口部、外壁のシーリング全域に全て打ち込んでいけばこの工程の終了となります。

いよいよ塗りの工程がスタートします

窓周りに養生
 シーリング工事を終え、最後の準備作業は養生作業です。養生作業とは窓や扉等の塗料が付着してはならない箇所をビニールで覆い包んでいく作業になります。塗装工事の場合、必ず事前準備として行う工程です。ですので外壁の塗料塗布作業においては窓や扉等は、期間中基本的には開ける事が出来なくなります。

使用塗料は日本ペイントのサーモアイシリーズ

サーモアイウォールの塗料缶
塗料の使用後の空き缶
 こちらが塗料缶です。当然この材料を屋根、外壁に塗布していく訳です。エコ助成金申請においては必ずこの準備した塗料の写真と使用後の空き缶となった写真も工事後の申請時に必ず必要となります。当然こう言った工事管理は我々の方で徹底的に実施して参りますのでご安心下さい。

屋根塗装から実施

屋根の下塗り
屋根の中塗り
 塗り工程は屋根塗装から始めて行きます。先ずは下塗りとなり、これは主剤をしっかり密着させる為の材料です。基本的白色の材料で主剤とは色が異なります。その下塗り材を全域に入れて主剤を2度塗っていきます。これが所謂中塗り、上塗りとなり塗装の基本、3工程へとなっていくのです。

屋根はクールクリームカラーです

屋根塗装完了
 今回使用した屋根の色はクールクリームです。白系の非常に明るい色で屋根全体が雪化粧した様な仕上がりとなりました!

外壁の下塗り工程

ALC外壁の下塗り
ジョリパット外壁の下塗り
 続いて作業は外壁塗装に移ります。やはり屋根同様、下塗りを入れて行きます。今回のお客様の外壁は大半がALC外壁ですが、ベランダ正面等はモルタル仕上げの外壁となります。それぞれの異なった下地ごとに色分けし2色分けの配色です。しかし下塗り材は共通の材料ですので、屋根と同じ様に白く染まっていきます。

主剤の登場、中塗り工程

外壁の中塗り
中塗りで色を付けます
 下塗りを入れて主剤の登場となります。外壁2色分け、ALC外壁部分はベージュ系の色で、モルタル外壁の部分はグリーン系の色となります。それぞれの色を塗りながらどういった形で仕上がっていくか想像していくと、この色付け作業を行っている時間は、非常にワクワクして楽しみな瞬間となります。

上塗り後は艶感と耐久性が増します

外壁上塗り
上塗り中の外壁
 中塗りで主剤を全面に塗布した後、もう一度塗っていきます。これが上塗り作業です。同じ材料を同じ様に塗布していきますが、2度重ねる事で艶感がかなり増していきます。塗装における重ね塗りは仕上がりに艶が出ると共に耐久性アップの面からも非常に重要な工事手順と言えるのです。

付帯部の塗装

軒天の塗装
雨樋の塗装
 屋根、外壁を仕上げて最後に着手する塗装は付帯部と呼ばれる部分塗装です。こちらの写真は軒天及び雨樋の塗装風景です。塗れる物は全て塗っていく、それぞれに防水性と耐久性を持たせる事で、お住まいをこの先の雨や陽射しから守っていきます。

破風板や水切りも塗装します

破風板の塗装
水切りの塗装
 破風板部分や雨樋の付いている裏側の鼻隠しと呼ばれるところ、或いは基礎のすぐ上の水切りなども塗装対象となります。

鉄部ケレンと塗装工程

鉄部ケレン作業
鉄部塗装開始
 出窓の上の庇やシャッターボックス等の鉄部も塗装していきます。これまでの雨樋や破風板もそうですが、塗装作業の前にこのケレン作業と呼ばれるやすり等で表面の目を粗くしていく工程も重要となります。塗装の密着性を高める。これらを手を抜かず徹底的に実施していく事が付帯部塗装のポイントとなります。

ベランダのトップコートで仕上げです

ベランダはトップコート仕上げ
 べランドのトップコートの塗り替えも実施しました。表面の艶が蘇りお客様もビックリされてらっしゃいました。

塗装工事の完成です

屋根の仕上がり写真
 足場を外して工事の完成となりました。屋根は鮮やかなクールクリームカラーです。外壁とのバランスも良く全体的に明るい印象のお住まいとなりました。

外壁の2色もバランスよし

塗装工事の完成
 外壁の2色分けもいい感じです。先程も申しました通り、非常に明るく爽やかな雰囲気のお住まいに変貌しました。

正面から見た完成形

正面の完了写真
 正面は薄グリーン系が目に入ります。お客様もこの色については最後まで悩まれていたところなので、この仕上がりには非常にご満足して頂けました。

側面の完成形

側面の塗装完成写真

 側面の写真はこの様な感じです。正面とは異なりベージュ系がメインに映ります。勿論この色もお客様に気に入って頂けました。

全体の仕上がりはこの様な感じです!

さわやかな配色で塗装完了
 斜上から全体を空撮すると全体バランスがよく判ります。お客様が選ばれたカラーリングがとても素敵な配色に映ります。完成形をご覧頂き、お客様も非常に喜んでおられました。この瞬間が私たちの何にも代えがたい達成感を感じる瞬間です。私たち街の外壁塗装やさんではこのようにお客様に満足して頂ける工事を常に心がけて取り組んでおります。引き続きコロナ対策も抜かりなく継続して行き、安心して任せて頂ける工事を行って参ります。皆様も是非ご参考にされて下さい。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 三鷹市牟礼にて外壁塗装前調査、サイディング外壁の塗膜劣化によりナノコンポジットWによる塗装をご提案

 三鷹市牟礼にお客様より、お住まいの外壁メンテナンスのご相談を承りました。今年で築18年目を迎えるという今回のお客様は、屋根のメンテナンスは行ったことがあるそうですが、外壁のメンテナンスは今回が初めてとの事で、最近になり汚れが目立つようにな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 杉並区上荻のお客様、築17年経過して窯業サイディング外壁の広範囲に藻が繁殖

 杉並区上荻のお客様にて、「築17年になるのですが、外壁の汚れが気になるようになり、塗装メンテナンスを考えている」とのご相談を承りました。この2、3年で特に汚れが目立つようになってきたとの事で、塗装の時期と思いご相談をいただいたようです。今… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区東葛西で外壁塗装のご相談を受け点検調査にお伺い致しました

 江戸川区東葛西で建てられてから15年を経過したお住まいのお客様より外壁塗装工事のご相談を承りました。特にお客様が気にされておりましたのは、シーリングの劣化による割れの発生と部分的にサイディングに変形が見られると言った部分でした。早速現地調… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に