東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

足立区東伊興にて令和元年房総半島台風で雨漏りしたビルの陸屋根をウレタン防水で改修


令和元年房総半島台風は房総半島という地域名が入っていることからも分かるように千葉県を中心に甚大な被害をもたらしましたが、東京都にも大きな被害をもたらしました。足立区東伊興のお客様もビル屋上が被害を受け、雨漏りが始まってしまったそうです。オフィスなどに使われているビルなので早急な復旧が求められるため、調査後、すぐにご契約となり、工事も早々と着工になりました。ウレタン防水で雨漏りを直します。

ビフォーアフター

before
雨漏りしていた陸屋根
arow
arow
after
ウレタン防水が施工されたビル屋上

工事基本情報

施工内容
防水工事 
使用材料
DSカラーゼロ
築年数
築26年
施工期間
6日間
保証年数
お付けしておりません
建坪
90㎡(陸屋根部分)

点検の様子

水溜まりとなった屋上
剥がされてしまった笠木

うまく排水できないのか屋上は雨水が溜まっており、ちょっとした人工池のようになっています。ほとんどの場合、ビルの屋上は雨水を貯めるということを前提に作っておらず、ある程度の水嵩になると雨漏りしてしまいます。ここまで雨水が溜まれば雨漏りするのは当然です。パラペットには金属製の笠木が被せられていたそうですが、強風で飛散して陸屋根の水溜まりの中に沈んでいました。

剥がれてしまった防水シート
防水層がひび割れている排水口周辺

そのパラペットの部分ですが、防水紙も浮き気味となっており、しっかりと定着していない状態です。また排水口周辺も経年により、シート防水がひび割れてきており、ここも雨水の浸入口になっていそうです。今回は台風15号で被災してしまいましたが、こうした点検の結果からもそろそろメンテナンスをする時期に来ていたことが分かります。

施工の様子~密着工法によるウレタン防水

足場の仮設
ウレタン防水を行う陸屋根を徹底清掃

これまでのシート防水の上に新たにウレタン防水をすることによって雨水の浸入を阻みます。今回はウレタン防水工事を密着工法で行うことになりました。主な防水工事の工法には密着工法と通気緩衝工法があります。密着工法は文字通り、下地と防水層を密着させてしまうもので初期コストが抑えられます。通気緩衝工法は下地と防水層の間に通気を設け、そこから下地に堆積してしまった水を水蒸気と脱気筒を介して排出します。

ウレタン防水材DSカラー・ゼロ
ウレタン防水材DSカラー・ゼロ 立ち上がり用

ウレタン防水材は平らな床面と立ち上がり部分では使われるものが違うことをご存知でしょうか。平部はそのまま塗布していけばいいだけなのであまり必要ありませんが、立ち上がり部は垂直な面ら塗布しますので垂れ落ちないようにある程度の粘度が必要になります。こうやって粘度を調整することによって、施工不良がでないようにしているのです。

立ち上がりとパラペットに防水工事
床面(平部)に防水工事

ウレタン防水層をしっかりと密着させるため、プライマーを塗布していきます。塗る順番は立ち上がり部を塗り、パラペットを塗り、その後床面に塗布していきます。

ウレタン防水1層目立ち上がり部
ウレタン防水1層目平部(床面)

ウレタン防水層の第一層目を形成していきます。こちらもまずは立ち上がり部にウレタン防水材を塗布し、その後、床面に塗布していきます。この手順も守ることによって、均一な防水層ができることになるのです。

ウレタン防水2層目
ウレタン防水2層目

ウレタン防水層の第一層が乾きましたら、防水層の第二層目を形成していきます。こちらもまずは立ち上がり部、その後、床面にウレタン防水材を塗布し、塗布していきます。防水層を複層にすることによって漏水リスクを極限まで減らします。これで今後、雨漏りすることはなくなりました。残す工程はトップコートのみです。

シート防水の段差が見える
トップコート塗布

シート防水の上に施工したので、シートの継ぎ目がそのままウレタン防水の表面に浮き出る形になりましたが、問題はありません。床面に落ちた雨水はこの継ぎ目に沿って流れていき、排水されることになるからです。紫外線からウレタン防水層を守るため、トップコートを塗布していきます。

竣工、シート防水からウレタン防水への改修工事

ウレタン防水工事が完了しました。今回はこれまでのシート防水の上に施工したので、下地の撤去などの工程が省けたため比較的、短期間で終わりました。こちらの屋上、明かり取りのためにさまざまな位置に天窓がなどが取り付けられており、こういった部分もこの先、漏水リスクとなりえるでしょう。街の屋根やさんでは無料点検を承っておりますので、ご利用ください。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 足立区花畑でベランダのトップコート工事のご依頼、外壁の劣化が見受けられたので補修工事も並行して施工

 足立区花畑でベランダが劣化してきているので、表面のトップコートの施工を考えているとのご相談を承り、現地調査にお伺い致しました。状況としてはこれまでご自身で割れの補修をなされた跡も残っており、本来であればもう一度防水工事を本格的になされる事… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江東区三好でALC外壁の建物調査、シーリングの補修と外壁塗装工事が必要です

 江東区三好で、ALC外壁の建物で建物調査及び外壁塗装工事のご相談を承りました。状況を確認するとひび割れが多数発生しております。更に話を聞いていくと、風を伴う強めの雨の際は、雨漏りの症状も時折見受けられるとのお話でした。このALCは外壁の症… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江東区大島で雨漏りの調査依頼、陸屋根屋上と外壁シーリング等の確認を行いました

 江東区大島で2階の窓枠からの雨漏れが発生したとのご相談をお受けし現地調査にお伺い致しました。建物は陸屋根式の屋上屋根と外壁はALCと呼ばれるパワーボード外壁を使用しておりました。  屋上の状況を確認すると防水の方はしっかりとしている印象で… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に