東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

足立区千住東で工場兼ご自宅の外壁塗装と室内塗装、バルコニー防水と屋根カバー工法で大規模リフォーム


足立区千住東で工場兼ご自宅にお住まいの方から建物についてのご相談を承りました。足立区は明治以降となると軽工業・重化学工業が発展したため、現在でもそのような町工場が残されています。お施主様の工場兼ご自宅は工場とご自宅、どちらにも傷みが出ていましたので、外壁塗装、室内塗装、バルコニー防水、屋根カバー工法と内外のリフォームを行いました。工場ということで、鉄骨の部分も多く、その部分の塗り替えも行っています。

ビフォーアフター

before
足立区千住東で工場兼ご自宅、大規模リフォーム前
arow
arow
after
足立区千住東で工場兼ご自宅、大規模リフォーム後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 室内塗装 防水工事 
使用材料
外壁塗装:パーフェクトトップ,鉄部塗装:錆転換塗料サビキラープロ,防水:DSカラーゼロ
ハウスメーカー
お知り合いの工務店 
保証年数
10年(外壁塗装)
建坪
約59坪

点検の様子

錆びた瓦棒屋根
棟板金の剥がれ

もともとのお問い合わせは「建物が古くなってきて、強風で屋根材が剥がれてしまったり、他のところにも不具合が出ている」ということでした。屋根を点検させていただいたところ、確かに棟板金が剥がれています。屋根は瓦棒と呼ばれる金属屋根で画像で分かるとおり、屋根材の至る所に錆が出ています。

モルタル外壁の汚れ
玉吹きヘッドカット仕上げのモルタル外壁

続いて外壁の点検に入ります。外壁はモルタルの玉吹きヘッドカット仕上げです。モルタルの外壁に骨材を混ぜた玉粒状の塗料を吹き付け、円形や楕円形の模様がついたところをヘッドカットローラーで玉の先端を平らにする工法です。他のモルタル外壁の仕上げよりも手間がかかる分、費用も高くなるのが特徴です。経年で大分、汚れが溜まっており、防水性も落ちているようです。

モルタルの剥がれ
窓枠からのクラック

モルタルが剥落してしまった部分もありました。こうなってしまうと、防水性は皆無となりますから、壁の内部に雨水が染みていき、雨漏りや内部の腐食の原因となります。他に窓枠からのクラックもありました。こちらはしっかりと補修します。

バルコニーの基礎にできたクラック
水捌けの悪いバルコニーの床面

バルコニーの床の土台となっている部分には大きなクラックがあり、補修された跡があります。そのバルコニーですが、床面の水切れが悪く、湿っています。こちらのしばらくメンテナンスしていないということなので、防水層を含めて工事を検討した方がいいでしょう。

錆びた手摺り
庇が起点となったクラック

そのバルコニーの手摺りですが、錆が拡がっています。強度的に問題はないでしょうが、触ると手に付くし、布団などをそのまま干せませんし、問題ですよね。塗装で綺麗にしたいと思います。庇を起点にできたクラックは補修されていますが、今度は上方向にクラックが伸びています。

錆びた折板屋根の天井
錆びたシャッターボックス

工場の入り口となっている軒天の部分です。鉄骨と折板屋根で構成されており、かなり錆が出ていますが、雨に濡れる部分でもないので、強度的には問題ないでしょぅ。ただ、今後の錆の進行を抑えるためのメンテナンスは必要です。シャッターボックスにもなかり錆が出います。

施工の様子~シーリング打替えとクラック補修

足場の仮設
高圧洗浄

建物の築年数が大分、経過しているということでメンテナンスする項目も多くなってしまいました。まずは足場を仮設し、高圧洗浄をいたします。足場仮設後、これまで見えなかった部分、見にくかった部分の不具合が分かることもあります。また、高圧洗浄後に汚れが落ちたことによってハッキリとする項目もあります。そういったことをできるだけ少なくするのが私達プロの務めです。

窓枠へのシーリング
これまでのシーリングを除去

まずはモルタルのクラックなど、不安を抱えている部分を補修していきます。サッシのシーリング部分を状態に応じて補修します。シーリングの傷みが進んでいる部分はこれまでのものを撤去し、打ち替えていきます。カッターなどを使いながら、撤去をしていきます。

プライマー塗布
シーリング材を充填

シーリングを撤去しましたら、これから充填するシーリング材の密着度を上げるため、刷毛でシーリング材を塗布していきます。その後、シーリング材を充填していきます。

パッカーでシーリング材を均す
養生を剥がして完成

シーリング材の充填が終わりましたら、バッカーと呼ばれるヘラで均していきます。ある程度、乾燥たら、養生していたテープを剥がします。これで作業は終了ですが、硬化までにはあと少し時間がかかります。

クラック補修

続いてはクラックの補修です。今回はシーリングとメッシュシートによる補修を行います。クラックにシーリング材を充填した後、メッシュシートを貼りこみ、刷毛などで馴染ませていきます。

樹脂モルタルの塗布

その後、樹脂モルタルを塗布して均していきます。これで、この部分のクラックは解消されました。今後、この部分のクラックで心配になることはありません。メッシュシートで引っ張る力を抑えることができるので、補修したクラックが再度、拡がってしまうということもないのです。

カラーシミュレーション

外壁:ND-010 23-255

外壁:ND-010 23-255

外壁:ND-174 23-255

外壁:ND-174 23-255

外壁:ND-460 黒

外壁:ND-460 黒

外壁:ND-250 黒

外壁:ND-250 黒

外壁:ND-343 グレー

外壁:ND-343 グレー

外壁:ND-103 グレー

外壁:ND-103 グレー

外壁塗装後、建物がどのように変化するかを塗装前にご確認いただくため、カラーシミュレーションを作成しました。CGによる再現のため、外壁塗装後には完全にこのようになるというわけではないのですが充分、参考になるとは思います。お施主様が選んだのは外壁がND-250のクリーム色と屋根が黒の組み合わせです。

施工の様子~外壁塗装

外壁塗装、下塗り
モルタル外壁用下塗り剤パーフェクトフィラー

今回はパーフェクトトップで外壁塗装を行うことになりました。パーフェクトトップはシリコン塗料とほぼ同じ価格ながら、期待耐用年数がそれよりも長いという特徴を持っています。塗膜の劣化の原因であるラジカルを発生させないように作られた塗料です。下塗りは外壁材に合わせてさまざまなものが用意されており、今回はモルタル外壁なので専用のパーフェクトトップフィラーを使います。

外壁塗装、中塗り
外壁塗装仕上げ材、パーフェクトトップ

下塗りを終えましたら、乾燥を待って次の工程の中塗りに入ります。時間的には下塗りの次の日になることがほとんどです。この工程からお施主様にご依頼いただいた色で塗っていきます。柔らかなクリーム色が外壁な映えますね。

外壁塗装中塗り完了
上塗りで済んだ外壁塗装

中塗りを終えたら、最後の塗装となる上塗りです。ここで中塗り後と上塗りを較べてみましょう。艶がある方の画像が上塗り後です。このように比較材料があれば、中塗りと上塗りの判断はつきます。弊社ではしっかりとした施工を行うために記録として各工程を撮影しています。

施工の様子~鉄部の塗装

ケレンした折板屋根の裏側
サビキラープロで塗装

建物は鉄骨造りで、工場兼ご自宅ということから出入口の軒天は折板屋根の裏面をそのまま見せる造りになっていました。錆が拡がってきていますので、こちらも塗装していきます。まずはケレンで錆を落とします。錆止めとして下塗りに使われていた鉛丹色が剥き出しになっています。

サビキラープロ中塗り
折板屋根の天井部分塗り替え完了

その上にサビキラープロを塗っていきます。サビキラープロは赤錆を黒錆に変換させる塗料です。赤錆はどんどん化学変化が進み、金属をボロボロにしていきますが、黒錆は不導体被膜のため、それ以上、錆びることがないのです。赤錆も防止します。サビキラープロは下塗り剤としても使えますが、上塗り材としての用途にも耐えます。こちらは雨がかからない軒裏ですので、サビキラープロを3回塗布して仕上げとしました。

サビキラープロ
ベランダの手摺りをケレン

サビキラープロはめっき部分の錆を止める機能も持っています。めっき鋼板で作られたバルコニー手摺の錆止めにもサビキラープロを使用しました。ケレン後に塗布していきます。

サビキラープロを塗布
こちらはさらに上塗り

こちらは直接、雨がかかる部分であることと、他の部分と共通の色にしたいため、サビキラープロを複数回塗ったのち、ファインパーフェクトトップで仕上げました。サビキラープロは金属部分ならば、他の油性塗料の下塗りとしても使えます。

施工の様子~通気緩衝工法によるウレタン塗膜防水

通気緩衝工法
ウレタン防水完了

バルコニーには防水層から形成し直す防水工事を行いました。これまでの状況から下地に雨水が染み込んでいる可能性が高いため、通気緩衝工法を選択肢しました。通気緩衝工法は下地に雨水が染み込んでいても、その上に防水層を形成できます。雨水を逃がす脱気筒を取り付けるので、水蒸気による膨れなど防水層に悪影響を与えないのです。

施工の様子~室内、内壁の塗装

ガッチリ浸透プライマーW
黒くなった壁面

室内の一室は砂壁(聚楽壁)が使用されており、経年でその壁が崩れてきて困っているということでした。砂壁の原料は文字通り、川砂などです。まずはこの崩れを止めるためにガッチリ浸透プライマーを塗布します。

室内壁は白色

何かとんでもない色になってきましたが、この後、室内塗装するので問題はありません。ガッチリ浸透プライマーWはその名の通り、本当にしっかりと固まりました。仕上げの塗料の密着度も良好です。

内壁塗装、完了

室内塗装が完了しました。ガッチリ浸透プライマーのおかけで以前のように剥がれた砂でお部屋が汚れることもなく、お施主様も「お掃除の手間が減った」と大喜びです。これまでの手間や不便を解消するのもリフォームの目的であり、醍醐味です。

施工の様子~屋根カバー工法

養生していた屋根
防水紙の敷設

棟板金が剥がれ、錆でかなり傷んでいるということで、瓦棒屋根の改修もご依頼いただきました。屋根カバー工法で改修します。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せるのが屋根カバー工法です。これまでの屋根の上に防水紙を敷いていきます。

屋根材設置と棟の取り付け
屋根カバー工法完了

防水紙の敷設が終わりましたら、新しい屋根材を被せていきます。ガルバリウム鋼板を加工した屋根材なので錆に強いことが特徴です。これで新しい屋根になりましたので、棟板金や屋根材が剥がれたりすることもありません。

竣工、外壁塗装と室内塗装、バルコニー防水と屋根カバー工法

完工

外壁塗装と室内塗装、バルコニー防水と屋根カバー工法が竣工しました。これで今後は快適に安心して過ごせるでしょう。工場兼ご自宅という建物なので、鉄骨でできていますからかなり丈夫です。お手入れ次第では末永く快適に過ごせますので、しっかりと点検してあげましょう。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 足立区梅島で築15年のスレート屋根の塗装依頼、点検調査にお伺い致しました

足立区梅島で建てられてから15年のお住まいのお客様より「未だお手入れをしたことが無いので、そろそろ屋根塗装工事を考えています」とのご依頼が有り早速点検調査を行いました。と言うのもこの年代のスレート屋根の場合、アスベストの入っていない材料とな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区新堀で屋根塗装、タスペーサーを使用して雨漏り防止

江戸川区新堀で屋根塗装及び外壁塗装工事を実施しております。本日の工程は屋根塗装工事となります。今回のお住まいは外壁塗装工事及びシーリング工事がメインとなりますが、施工面積が少ないですがスレート屋根部分もあります。屋根塗装工事ならではの気遣い… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区東新小岩で屋根外壁塗装工事の高圧洗浄作業、塗装面では無い場所も洗浄致します

葛飾区東新小岩で屋根塗装、及び外壁塗装工事を施工しております。先日足場を設置したばかりで、いよいよ塗装職人が入ります。乗り込んで一番最初に行う作業は本日実施の高圧洗浄作業となります。これは、塗装面である屋根や外壁等の汚れをしっかり落とす事に… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に