東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

墨田区両国で雨漏りの原因となっていたバルコニーをウレタン塗膜防水で改修


数年前、弊社で外壁塗装をご依頼いただいたお客様です。定期点検に訪れた際、「バルコニーから雨漏りしているしているようだ」とご相談を承りました。点検したところ、バルコニーは水捌けが悪くなっており、床面に多数のクラックが見られました。下地から改修して、ウレタン塗膜防水で雨漏りを改善します。

ビフォーアフター

before
バルコニー防水施工前
arow
arow
after
ウレタン塗膜防水で改修したバルコニー

工事基本情報

施工内容
防水工事 
使用材料
エバーコートZero-1H
築年数
23年
施工期間
10日間

点検の様子

人工芝のひかれたバルコニー
綺麗に処理された排水口周辺

隙間無く人工芝が敷き詰められたバルコニーです。排水口周辺も綺麗に処理されており、排水不良はなさそうです。バルコニーの床面に人口芝を引くと直射日光が当たりませんから、紫外線による劣化を防ぐことができます。

人工芝をどけたところ
湿っている排水口周り

直射日光を防ぎ、紫外線による劣化を妨げることができるのは大きなメリットですが、それと同時にデメリットもあります。まず、人工芝が紫外線で傷み、細かく砕けてしまうということです。また、人工芝の下に砂や土も溜まりやすくなるので、排水口を詰まらせる原因となりやすいのです。また、直射日光も当たらず、床面への風通しも悪くなるため、水分も溜まりやすくなります。水分はあらゆる建材の大敵です。

施工の様子~ウレタン塗膜防水による通気緩衝工法

クラックを樹脂モルタルで補修
クラックを樹脂モルタルで補修

床面を綺麗に掃除してみたところ、バルコニーの床面はモルタル仕上げでした。無数のクラックができており、ここから雨水が入ることが雨漏りの原因です。まずはこのクラックを補修し、下地から防水層を形成していきます。

樹脂モルタルで下地調整
勾配も調整

クラックの補修が終わりましたら、樹脂モルタルで下地調整をしていきます。この下地調整では勾配も調整していきます。バルコニーに人工芝を引いてしまうと、細かなクラックに気付きにくくなるため、被害が拡大してしまうことも多いようです。立ち上がり(床面から壁が垂直になる部分)ももちろん、下地調整を行います。

通気緩衝工法シートを貼るためプライマー塗布
床面全体に塗布

今回は雨漏りしていたということで密着工法ではなく、通気緩衝工法を施工します。密着工法は防水層となるウレタン塗膜を下地に密着させてしまう工法です。通気緩衝工法は防水層となるウレタン塗膜と下地の間に通気層を設けて、これまで溜まってしまった水分を乾燥によって排出していく工法です。通気層は通気緩衝シートが担います。その通気緩衝シートを貼るためプライマーを床面全体に塗布していきます。

通気緩衝工法シートを貼る
通気緩衝工法シート

通気緩衝工法シートを貼っていきます。この通気緩衝工法シートだけでなく、建材のシート状の物はマス目が印刷されていたり、それが裏紙となっているものが多数あります。これは現場で加工する際にサイズが分かるようにとの配慮からです。最初に気付いた人は頭がいいですね。

ジョイントに端末テープを貼る
立ち上がりに端末テープを貼る

通気緩衝工法のジョイント部には端末テープを貼り、隣り合うシートとズレができないようにします。立ち上がりから剥がれることのないようにこちらにも端末テープを貼ります。

立ち上がりにウレタン防水材を塗布
床面にウレタン防水材を塗布

防水工事はウレタン防水だけでなく、立ち上がりから防水していくことがほとんどです。立ち上がりにウレタン防水材を塗布していきます。立ち上がりへの塗布が終わりましたら、床面にもウレタン防水材を塗布していきます。これで防水層の1層目を形成します。

立ち上がりに2回目のウレタン防水材を塗布
床面に2回目のウレタン防水材を塗布

ウレタン防水だけでなく、他の防水方法でも漏水のリスクを極力少なくするために、防水層は複層にすることがほとんどです。ウレタン防水では防水層を2層にするのが標準です。立ち上がりに2回目のウレタン防水材を塗布し、床面にも2回目のウレタン防水材を塗布していきます。

ウレタン防水層形成
トップコート塗布

これで複層のウレタン防水層が形成されました。ただし、ウレタンは紫外線に弱く、使用に耐えられないため、トップコートを塗布していきます。ウレタン防水のメンテナンスは定期的にトップコートを塗布し、紫外線から守ることがポイントです。

竣工、ウレタン塗膜防水による通気緩衝工法

ウレタン塗膜防水による通気緩衝工法

ウレタン塗膜防水による通気緩衝工法が竣工しました。今回はクラック補修と樹脂モルタルによる下地調整を行ったため、日数が掛かってしまいました。バルコニーに人工芝などを引いている方は定期的に剥がして床面を掃除して点検してあげてください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 墨田区立川で築25年アパートの外壁塗装工事依頼、現地調査を行いました

墨田区立川で、アパートオーナーのお客様より外壁塗装工事を始めとした全体的なお手入れを検討しているとのご相談を承り、早速現地調査にお伺い致しました。建物は25年を経過した3階建ての建物で外壁材がALC、屋上部分が陸屋根のコンクリート仕上げとな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊島区高松でコロニアル屋根に遮熱塗料サーモアイ4Fを塗装中です

豊島区高松で屋根外壁塗装工事を始めました。三階建て木造住宅で屋根は一部急こう配のコロニアル屋根です。雹の被害も受け今回屋根外壁と塗装を行う事になりました。屋根は遮熱塗料サーモアイ4Fを使用します。屋根には2017年に降った雹の痕跡があったの… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区東小岩で無機塗料スーパーセランフレックスを使った外壁塗装工事の終了前タッチアップを実施

江戸川区東小岩で無機系塗料ダイヤスーパーセランフレックスを使用した外壁塗装工事を行っておりますが、いよいよ終了となります。終了前の最終確認作業と微細な塗り残しのタッチアップを行いました。一見するとよく塗り上がっているのですが壁面には凹凸があ… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に