東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

葛飾区|屋根は遮熱塗料、外壁はクリア塗装を行いました


築12年で目地の劣化が気になり、お問合せをいただきました。目地が全体的に劣化しており、補修をご検討とのことでした。全体的に目地を補修するとしたら足場が必須となります。足場を建てるのであれば屋根と外壁まで塗装を行った方が別で工事するよりもお得になります。ご主人様もご認識がありましたので屋根と外壁も調査をさせていただきました。屋根の調査ではコロニアルにヒビ割れが目立ちました。ヒビ割れがあるからと言ってすぐに雨漏りするわけではありませんが、防水紙が劣化していると雨漏りしてしまいます。外壁はご主人様が気になっているように、肉痩せしていたり剥がれている箇所がありました。

ビフォーアフター

before
葛飾区屋根外壁塗装
arow
arow
after
葛飾区屋根、外壁塗装

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 

葛飾区にて築12年の屋根・外壁塗装と目地打ち替え工事を行いました。工事のきっかけは目地(シーリング)の劣化が気になり、お問合せをいただきました。

【調査】

シーリングの補修を全体に行うには足場仮設が必須となります。せっかく足場を仮設するのであれば屋根と外壁まで塗装した方が、別で工事をするよりもお得です。Y様もそのご認識があったようで屋根と外壁も合わせて調査をさせていただきました。

葛飾区屋根外壁塗装
葛飾区屋根外壁塗装

まずは屋根の調査から行っていきます。コロニアル屋根でした。遠目で見ると多少色褪せているような印象でした。屋根材の状況や棟板金の浮き、釘が浮いていないか、抜けていないかなどを見ていきます。

葛飾区屋根外壁塗装
葛飾区屋根外壁塗装

棟板金には特に問題のある箇所は見つかりませんでした。しかし屋根材は先が変色していたり、ヒビ割れが目立ちました。特にヒビ割れを起こしている箇所が多かったですね。ヒビ割れだけでは雨漏りすることはほぼほぼ無いですが、防水紙が劣化していると雨漏りする可能性が高まります。

葛飾区屋根外壁塗装
葛飾区屋根外壁塗装

外壁はY様が気になされていた通り、シーリング材の劣化が目立ちました。かなり肉痩せしているところや、場所によってはもう剥がれている箇所もありました。雨が隙間から入って漏ってくる可能性がありますので補修は早いにこしたことはないでしょう。

Y様のご要望としては屋根は遮熱塗料を使用しての工事、外壁に関しては現在の模様を生かしたいとのことでしたのでクリア塗装を行います。目地に関しては通常のシーリング材よりも耐久性の高いものを使用して工事を行うことになりました。

【工事】

屋根の塗装色とシーリングの色が決定しましたので工事に入っていきます。

葛飾区屋根、外壁塗装
葛飾区屋根、外壁塗装

工事の日締めの工程は高圧洗浄、ケレン作業などの下処理工事となります。下処理は仕上がりに大きな影響を与える作業ですので非常に大事です。例えば屋根や外壁にゴミや汚れが付着していると塗料がしっかりと面に付着せず期待通りの年数がもたないということがあります。下処理はとても手間とお金がかかる作業なので下処理を省くまではいかずとも手を抜いて価格をさげるような業者もありますのでご注意ください。

葛飾区屋根、外壁塗装
葛飾区屋根、外壁塗装

ケレン作業の様子です。主に鉄部に行う作業となります。これもゴミや汚れを落とすことが目的となります。塗料の付着をよくする為に、傷をつけるというのもあります。

葛飾区屋根、外壁塗装
葛飾区屋根、外壁塗装

下処理が終了したので屋根の下塗りを行っていきます。初めての屋根工事で大事なことがあります。タスペーサーの挿入をすることです。塗装をすると塗料が乾いたときに屋根材同士がくっついてしまいます。そうすると屋根材の下に回った雨水の逃げ場が無くなり、屋根裏に回って雨漏りしてしまうことがあります。そうならない為に大事な工程です。外壁も下塗りを行います。外壁はクリア塗装ですので下塗り、上塗りの2回塗り仕上げとなります。

葛飾区屋根、外壁塗装
葛飾区屋根、外壁塗装

下塗りを終えたら屋根の日々を補修する作業を行っていきます。工事が完了した際の仕上がりがやるのとやらないのでは大きく変わります。また棟板金のコーキングが切れている箇所がありましたので増し打ちをしております。劣化でどうしてもこうなってしまうので補修をするに越したことはないですからね。

葛飾区屋根、外壁塗装
葛飾区屋根、外壁塗装

屋根の中塗りと下塗りを行っていきます。使用したのは日本ペイントのサーモアイSiという塗料のクールディープグレーです。

葛飾区屋根、外壁塗装
葛飾区屋根、外壁塗装

外壁も仕上げに入ります。サイディング表面の模様を生かすために日本ペイントのUVプロテクトクリアという塗料で塗装しました。このようなサイディングボードの場合はお客様と相談して塗りつぶしかクリア塗装かを決めていきます。屋根のヒビ割れの補修もわからなくなりましたね。

葛飾区屋根、外壁塗装

屋根を遮熱塗料、外壁をクリアでの工事が完了致しました。梅雨前に工事が終了して一安心です。この時期の塗装工事は難しいですね。雨が降っているときに塗装をすると水分を閉じ込めてしまいます。そうすると水分が蒸発したときに塗料の下から膨れ上がってきてしまいます。このような点にも注意して工事日程も調整致しました。塗装のご相談は街の外壁塗装屋さんまでご連絡ください。フリーダイヤル0120-948-355

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 台東区谷中で台風で外壁に穴が開いた建物を点検、部分的な張り替えをご提案

師走だというのに台風絡みのご相談が相変わらず、続いております。本日、お伺いしたのは台東区谷中で「台風で外壁に穴が開いてしまった」というご相談でした。飛来物が外壁にでもぶつかって穴が開いてしまったのでしょうか。穴の大きさはどの程度のものなので… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 板橋区にて築16年でこれまでノーメンテナンスの戸建てを点検

苦労してやっと手に入れたお家、誰しも大事にしたいという思いは同じでしょうが、費用などの面からついつい先延ばししてしまうのがメンテナンスです。今回は築16年、これまでノーメンテナンスの板橋区の戸建てを点検してまいりました。築16年というと、リ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区でALC外壁をガルバ鋼板サイディングでイメージチェンジ

三階建てのALCを外壁に使用した葛飾区のお客様の建物はルーフバルコニーと外壁目地からの雨漏りにお悩みでした。建ててから初めてのメンテナンスとなりますが、塗装だけでは色を替えたり、一部ラインを入れたりするぐらいなので「物足りない」と感じたお施… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に