東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

瓦は塗装が必要なの?瓦の種類とメンテナンスをご紹介


先日街の外壁塗装やさん東東京に、屋根の瓦は塗装が必要なのか不必要なのかといったご質問がありました。
外壁塗装と一緒に屋根の塗装を行おうと考えていたが、屋根が瓦であったため、塗装をするべきなのかどうなのか疑問に思ったそうです。
実は、屋根の瓦は種類によって塗装が必要なものと不必要なものに分かれることをご存知でしたでしょうか?
本日は、瓦の種類とメンテナンスについてご紹介したいと思います。

瓦の種類

まず、屋根瓦の種類をご紹介いたします。
・粘度瓦
・コンクリート瓦
・セメント瓦
現在最も多くのお住まいで使用されているのが、スレートです。
また、粘土系の瓦は、和瓦とも呼ばれ、昔ながらの日本家屋や神社、寺などの屋根によく使用されています。
この粘土系の瓦は、他の屋根材に比べて重く、耐震性は他の屋根材に比べると低くなります。
ですが、粘土系の瓦は、漆喰等の瓦以外の部分を除けば、基本的にメンテナンスが不要です。
他の屋根材のように、表面の保護のための塗装をいうものは必要ないため、塗装を行わなくても問題の無い瓦になります。
次に、コンクリート瓦とセメント瓦ですが、こちらの瓦は先ほどの粘土系瓦とは異なり、セメントや砂、水を混ぜ合わせて作られている瓦ですので、外壁のモルタル同様防水性が低いです。コンクリート瓦とセメント瓦では成分、製法が違いますが、雨水を吸収しないように塗装による表面の保護が必要になります。

セメント瓦・コンクリート瓦のメンテナンスは定期的に行いましょう

上記でもお伝えしましたように、塗装が必要な瓦は、セメント瓦・コンクリート瓦のみになります。
ちなみに、セメント瓦・コンクリート瓦で塗装を行わずに放置してしまうと、塗膜が次第に劣化していき、防水性が失われていきます。そうすると、ひび割れなどが発生し、そこからさらに雨水が入り込み屋根に吸収されていまうと、雨漏りに繋がります。
また、セメント瓦・コンクリート瓦は、塗装をせずに放置してしまうと瓦が脆くなりやすく、少しの衝撃で割れてしまう事もあります。脆くなってしまった瓦は、塗装では強化することは不可能ですので、そうなる前に早めに専門業者に点検やお見積りをお願いすることが大切です。
街の外壁塗装やさん東東京では、お住まいの外壁や屋根の点検、お見積り、ご相談を無料で承っておりますのでお気軽にご相談ください。

江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に