東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

狛江市和泉本町にて屋根塗装工事前調査、築17年で塗膜が劣化したスレート屋根にファインパーフェクトベストによる塗装工事をご提案


本日は狛江市和泉本町にて、屋根塗装前点検に伺った模様をお伝えします。 今回のお客様は今年で築17年目になるお住まいで、10月の台風で周りの家が被害に遭ってしまい、雨漏りなどされた住宅が多く、心配になり点検してほしい、とご依頼をいただきました。築17年目ですが、今まで屋根のメンテナンスは一度もしたことがなかったため、今回の台風では雨漏りなどの直接の被害がなかったとの事ですが、屋根の状態が悪いようでしたら塗装をお願いしたい、との事でした。

築17年目になるスレート、すっかり塗膜が劣化して苔の繁殖で茶色く見えます

塗膜が劣化したスレート
築17年目のスレート
お客様の屋根は化粧スレートを使用しています。 築17年ということで、やはり全体的に塗膜が劣化しており、色褪せた感じがぬぐえません。表面がカサカサしており、スレートの合わせ目あたりに多くの苔や藻が繁殖しています。特に日照時間の少ない面の屋根は全体的に茶色に変色して見えるほどです。これは表面の塗膜面が劣化して防水性を失ってしまったため苔が繁殖してしまったようです。スレート屋根そのものは防水性がありませんので、塗装によって補っています。塗膜は経年劣化しますので、定期的な塗装工事が必要となります。

塗膜の劣化によりひび割れも発生

ひび割れが発生したスレート
棟板金の角の傷み
他に、スレートには2か所ほど、スレートのひび割れが確認されました。こちらは現状で雨漏りを起こしていなければ、補修後に塗装は可能です。屋根材は美観性の維持と、その下に敷かれている防水紙の保護が主な役割ですので、スレートにひび割れていてたりずれが生じたりしても、ただちに雨漏りを起こすわけではありません。しかし屋根材が傷むことで防水紙を風雨から保護し続けることが出来なくなってしまいますので、早期の補修は必要です。 また、棟板金に関しては全体的には錆も出ておらず状態は良さそうでしたが、一部で釘の浮きが確認できました。また板金の先端が劣化しわずかに変形していました。塗膜も落ちてしまっていますので、このまま放置いたしますとここから錆が発生する可能性があります。築17年という事を考えると、このタイミングで交換しておいたほうが良さそうです。
お住まい外観
お客様には撮影した写真をご覧いただきながら屋根の状況をご説明いたしました。 スレート屋根に関しては現在の状態から判断し、高圧洗浄と塗装工事をご提案させていただきました。塗装には耐候性、耐久性バツグンの日本ペイントのファインパーフェクトベストをおすすめしました。 また、棟板金に関しては、ガルバリウム鋼板の棟板金への交換工事をおすすめしました。
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に