東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

北区王子で築15年のお住まいの屋根、外壁の建物調査、塗装工事の実施時期です


北区王子で建てられて15年のお住まいのお客様より、屋根と外壁の塗装工事をそろそろ検討したいとのご相談を受け、先ずは状況次第と言う事で現地調査にお伺い致しました。

屋根の表面剥離やコケが発生しています

屋根の色褪せ
スレート屋根です。このくらいの年数になると、どちらのお住まいでもそうですが表面の色が落ちてきてしまいます。当然のことでは有りますが、これは表面の焼き付け塗膜の剥離から発生してしまうものとなります。そうなると屋根材そのものがお水を吸ってしまう状況となりますので、同時にコケの発生も進行していきます。こう言った変色は塗装工事のサインとして判断しておく事が望ましいと言えます。

屋根のひび割れや釘の抜けも発生

スレート屋根のひび割れ
ケラバ板金の釘抜け
変色だけではなく、実際ひび割れや更に板金部分の打ち込んである釘等も徐々に抜け始めてきています。これらは屋根塗装工事のサインであると共に、塗装施工の際は釘の打ち込みやシーリング処置も行った上で塗装していく事が重要です。

外壁や付帯部にも割れ箇所があります

モルタル外壁角のひび割れ
破風板継ぎ目の割れ
外壁も点検致しました。年数の割には思いの外ひび割れなどの症状は少ない印象でした。しかしこのようにコーナーの部分等はひび割れが起こっております。更に付帯部分と呼ばれる屋根、外壁材と異なる塗装対象部分もしっかり確認が必要です。破風板と呼ばれる屋根の直下のこの部分は継ぎ目にシーリングが為されていますが、既に割れてしまっており、破風板の裏側の部分に水を入れてしまう事も懸念されます。やはり屋根と同様外壁塗装工事も検討される事をお勧め致しました。と言うのもこの症状はごく一般的で、このタイミングで有ればいい塗装仕上がりに繋がると言えるのです。お傷みが著しくなる前にお手入れがいい塗装仕上がりに繋がる秘訣です。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 中野区南台にて外壁塗装前調査、多数のクラックが入ったモルタル外壁にはエラストコートによる塗装をおすすめ!

 本日は中野区南台のお客様より承りました、外壁メンテナンスの調査の模様をお届けいたします。今回のお客様は今年で築18年目になるお住まいで、屋根・外壁とも本格的なメンテナンスを行ったことは一度もないと伺いました。最近になって外壁のひび割れがが… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区新堀で外壁塗装工事のご相談、軒天の水染みの原因を調査

 江戸川区新堀で、築13年のお住まいのお客様より外壁塗装工事についてご相談を承りました。先ずは事前の建物調査を行うべくお宅の方にお伺い致しました。外壁は窯業系サイディングを使用しているお住まいでしたが、劣化は思いの外そうひどくありませんでし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 小金井市緑町にて屋根と外壁の塗装工事前点検、25年経過して塗膜が劣化し苔が広範囲に繁殖

 今回は小金井市緑町のお客様より承りました、屋根と外壁の塗装前調査の様子をお届けいたします。今回ご紹介いたしますお客様は、今年で築25年目になるお住まいですが、今まで一部の外壁シーリングの補修工事のみ行ったことがあるそうですが、屋根、外壁と… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に