東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ

日野市豊田にて屋根塗装前点検、築23年ですっかり塗膜が劣化したスレート屋根にはベスコロフィラーをおすすめ


本日は日野市豊田にて、スレート屋根の塗装メンテナンス調査に伺った模様をお伝えします。 今回のお客様は今年で築23年目になるお住まいです。この数年で屋根がかなり色褪せ、汚れが目立つようになったとの事で、築20年も過ぎたこともあり、塗装工事をご検討されたそうです。

築23年になるスレート屋根は塗膜が劣化してすっかり色あせています

塗膜が劣化したスレート屋根
すっかり塗膜が劣化しています
築23年ということですが、まだ一度も塗装メンテナンスは行たことがないとの事で、スレートの状態も色褪せすっかり塗膜が落ちてしまった状態です。 直接スレートを触って状態を見てみます。指先にべっとりと白い粉が付着しました。これはチョーキング現象と呼ばれるものです。塗膜が経年劣化して粉化する現象で、衣服や手などに付着してしまいがちですので注意が必要です。これが出るという事は、塗膜が劣化し、次の塗装メンテナンスを行う時期というサインでもあります。

しっかりチョーキング現象が出ていました

チョーキング現象
破風の傷み
すっかり塗膜が劣化してしまった状態ですが、表面にカビや苔の繁殖はほとんど見られず、スレート自体は比較的きれいな状態を保っています。ひび割れや反りなどの変形もほとんど見られず、屋根を歩いた感触からも下地材がしっかりしているのが伝わってきます。 破風や鼻隠しあたりは塗膜が傷み、部分的に腐食してきているのが見られます。早期に塗装メンテナンスを行ったほうがいいでしょう。これ以上傷みが進行してしまいますと、破風板ごと交換する大掛かりな補修が必要になってしまいます。
お住まい外観
お客様には点検の時に撮影した写真をご覧いただきながら屋根の状況をご説明いたしました。 スレートに関しては高圧洗浄と塗装工事をご提案させていただきました。塗装に関しては遮熱性の非常に高い日本ペイントのベスコロフィラーをおすすめしました。 スレート屋根は塗装によるメンテナンスが必要不可欠ですので、なにか気になることがありましたら、お気軽にご相談下さい。
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に