東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

北区田端で蔦で覆われたお家の外壁塗装のご相談、建物調査にお伺い致しました


北区田端で建ててから20年を経過しているので外壁塗装工事等のお手入れを検討しており、一度建物を見てもらってどう言った工事が必要か教えて欲しいとのご相談をお受け致しました。と言うのも建物自体にかなり蔦が生えてしまっているとの事で、お客様もそのあたりを懸念されていらっしゃたので、現地へ確認調査にお伺い致しました。

お住まいに蔦がかなり群生しています

建物に蔦が群生
ご覧の通り、だいぶ蔦が群生してしまっている状況です。建物は2面がモルタル、2面がタイルのオシャレな構造でしたが、そのうちのモルタル、タイルの1面ずつに亘って、蔦が絡まっている状況でした。

雨樋やベランダの配管等に詰まりが発生する可能性があります

窓も塞がってしまう程の蔦
モルタルに蔦が密着
蔦が建物を覆うとお住まいの断熱効果に繋がる等の利点も有りますが、問題点として、お手入れを怠ってしまうと雨樋、ベランダの配管に落ち葉等による詰まり、雨漏りの発生や、窓、雨戸が封鎖されてしまい開閉に影響が出てしまう事も懸念され、非常にお手入れに労力が掛かる事が挙げられます。そこでお客様ともお話しした結果、今回は外壁塗装工事の施工に向けて、一度蔦は全撤去し、その上で塗装工事を進めていく方向で検討してみたいとのお話になりました。

工事においては蔦を撤去、その後に塗装工事の手順となります

タイルの目地の部分に太い根が這っています
タイルとモルタルの外壁

外壁塗装工事の施工に当たり、足場を設置した後、先ずは手作業での蔦の撤去作業となります。ここまで群生した蔦は根が太く、洗浄作業だけでは取り切れません。場合によっては手作業とバーナー等を使用して蔦を取り除く必要があります。それでも完全には取り切れないと共に、極力外壁に傷がつかない様に配慮しますが、どうしても外壁表面が剥離してしまう箇所も出てきます。それらの撤去作業を経た上で高圧洗浄作業を掛け、塗装工事によってその傷や跡を綺麗にしていくと言った手順です。蔦が生え過ぎてしまった場合、お手入れの際にはこう言った事が想定されるのです。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 練馬区桜台にて築30年になるモルタル外壁をカンペ1液MシリコンHGにて塗装いたしました

本日は練馬区桜台にて外壁塗装工事を行った模様をお伝えいたします。今回のお客様のお住まいは今年で築30年目、数年前から外壁の汚れが目立つようになり、塗装メンテナンスのご相談を承りました。拝見させていただきましたところ、お客様のモルタル外壁には… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区梅島で築15年のスレート屋根の塗装依頼、点検調査にお伺い致しました

足立区梅島で建てられてから15年のお住まいのお客様より「未だお手入れをしたことが無いので、そろそろ屋根塗装工事を考えています」とのご依頼が有り早速点検調査を行いました。と言うのもこの年代のスレート屋根の場合、アスベストの入っていない材料とな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区新堀で屋根塗装、タスペーサーを使用して雨漏り防止

江戸川区新堀で屋根塗装及び外壁塗装工事を実施しております。本日の工程は屋根塗装工事となります。今回のお住まいは外壁塗装工事及びシーリング工事がメインとなりますが、施工面積が少ないですがスレート屋根部分もあります。屋根塗装工事ならではの気遣い… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に