東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

荒川区町屋でコロニアル屋根の変色を調査、エフロレッセンスの可能性あり


荒川区町屋のお客様から何とも不思議なお問い合わせを承りました。なんでも「屋根の色が変色しており、屋根材の成分が溶け出しているのかもしれない」というご相談です。コンクリートやレンガではセメントの成分が溶け出して、それが白い跡を残してしまうというエフロレッセンス(白華現象)がありますが、屋根材では聞いたことはありません。とりあえず点検と調査に向かいます。
お問い合わせをいただいた問題の屋根
ここが問題の屋根部分です。屋根材は化粧スレート(カラーベスト・コロニアル)で、形状からすると製品名はアーバニーでしょう。確かに白くなっているのが分かります。こちらの他にも同様の現象が起こっているということです。
確かに変色している
屋根材から成分が溶け出している?

外壁のチョーキング現象ではないことを確認

確かに他の屋根でも同様の現象が起こっていました。よく見てみると屋根材の重なり部分や下端部から何かが溶け出し、それが表面を汚しているように見えます。屋根材が欠けている部分ではより酷いようです。外壁のチョーキングが流れてきたものではないことは取り合い部分を見れば分かります。
狭小地
お隣との間も狭い

狭小地だから起こっているわけでもないようです

お客様のお家は都市部ではごく一般的な狭小地でした。このような環境だから、起こるわけではないのは明確です。お客様のお家が建てられた時期をお聞きしますと、2006年頃でまだ塗装などのメンテナンスは行っていないそうです。ちょうど、その頃は各種の建材がアスベスト含有からノンアスベストを切り替えられた時期でした。アーバニーもその一つで、この頃のものは割れやすいと言われています。化粧スレートの主成分はセメントですから、エフロレッセンスが起こってもおかしくはありません。もっとも、全国的には同様のことが起こっており、見えにくかったり、見えなかったりする屋根の上だから気づいていないだけのことかもしれません。取りあえずはメーカーなどにお問い合わせをして、後日、明確なご返答と対策をご報告しますとお客様にはお伝えしました。
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に