東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

墨田区吾妻橋である法人事業所からALC外壁の塗装とメンテナンスのご相談


墨田区吾妻橋のある法人事業所から「うちの建物の外壁塗装などのメンテナンスの相談に乗ってほしい」とご要望を承りました。何でも、こちらの会社はビルやプラントなど大きな建物の構造に関する検査を専門とする会社で、そういった意味でも支店や事業所の建物が綺麗でないのはよろしくないそうです。ご訪問されるお客様もいるでしょうから、企業イメージとその建物の綺麗さは直結すると思います。

ALCの建物

こちらがその事業所です。外壁はALCですね。頑健なのに軽量、高断熱でなおかつ耐用年数が長いというのはこちらの会社の企業イメージにぴったりでしょう。ただ、外壁の色がホワイトということもあって、少々汚れて見えます。

プレーンなパネル部分
削り出しのレンガ調部分

天気が曇天ということもあって、外壁はグレーに見えなくもありません。外壁はプレーンなパネル部分と削り出しのレンガ調部分から構成されています。ALCは厚みがあるので、外壁を削りだして模様を付けることも可能です。

チョーキング現象
目地のひび割れ

ALCの外壁はちょうどチョーキング現象(白亜化)が始まったところでした。そろそろ塗り替えを考えて企業内で予算組みをして、決算期に合わせた外壁塗装をするのがいいのでないでしょうか。ALCの外壁で一番気をつけないといけないのは目地の部分です。ALCは軽量化の為に無数の気泡が存在します。目地のシーリングが剥がれてむき出しになると、その気泡に雨水が吸収されていきますから、劣化も早まります。シーリングの上から塗装されているので、目地にひび割れは出やすいのですが、数が増えてきたり、ひび割れが大きくなってきたら、外壁塗装を本格的に検討しなくてはなりません。ひび割れの大きさから見ると、まだまだ猶予は残されていますが、チョーキングも発生していることから、そろそろ計画を立てるべき時期に来ているのは間違いないでしょう。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 葛飾区柴又で築15年のサイディング外壁のお住まいの点検調査、シーリング割れの原因について確認しました

 葛飾区柴又で外壁塗装工事のご相談をお受け致しましたので、先ずはお住まいの点検調査にお伺い致しました。建物はサイディングの外壁を使用、建てられてから15年を経過しており、パッと見特に気になったのは目地シーリングの割れ等の劣化症状でした。  … 続きを読む
new画像

ブログアイコン 中野区南台にて外壁塗装前調査、多数のクラックが入ったモルタル外壁にはエラストコートによる塗装をおすすめ!

 本日は中野区南台のお客様より承りました、外壁メンテナンスの調査の模様をお届けいたします。今回のお客様は今年で築18年目になるお住まいで、屋根・外壁とも本格的なメンテナンスを行ったことは一度もないと伺いました。最近になって外壁のひび割れがが… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区新堀で外壁塗装工事のご相談、軒天の水染みの原因を調査

 江戸川区新堀で、築13年のお住まいのお客様より外壁塗装工事についてご相談を承りました。先ずは事前の建物調査を行うべくお宅の方にお伺い致しました。外壁は窯業系サイディングを使用しているお住まいでしたが、劣化は思いの外そうひどくありませんでし… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に