東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

文京区にて外壁塗装は早めにすべきという理由が分かる調査事例


「台風が続いたせいか最近、外壁の傷みが酷くなってきたみたい」と文京区のお客様からご相談を承りました。台風は確かに建物に大きなダメージを与えます。外壁の傷みが酷くなってきたということは強風で飛来物があり、衝突でもしたのでしょうか。かなり、心配です。

戸建て住宅

お客様に詳しくお話をお聞きしますと、台風による強風と豪雨の後、塗装の剥がれが激しくなってきたそうです。取り合えず、外壁に飛来物による傷はありませんでした。取り敢えずは一安心なのですが、外壁の傷みはかなり進んでいるようです。

塗膜の剥がれ
チョーキング

塗膜がまだらに剥がれています。そればかりか塗装の下の下地にも傷みが出ています。窯業系サイディングの角が削れてきて丸くなっている部分もあります。チョーキングも激しくなっており、かなり深刻な状態です。塗膜ではなく、その下地が剥離するように剥がれてきているところもあります。

シーリングのひび割れ
崩れてきているサイディング

目地のシーリング材もひび割れと硬化が進んでおり、保護機能が失われている状態です。窓枠のシーリングも補修が必要な状態になっています。それよりも重症なのが玄関の庇を支えている柱です。木材の周りに窯業系サイディングが貼り付けられているのですが、そのサイディングの雨水を吸って弱くなった部分に崩れが出始めています。こういった場合、弱くなった部分を削り取って、パテを持って成型していくか、張り替えるしかなくなってしまうのです。もちろん、普通に塗るよりも費用がかかってしまいます。外壁塗装を早めにすべきというのはこういったことを防ぎ、余計な出費を防ぐためでもあるのです。

江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に