東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

葛飾区|シーリングの劣化調査を致しました


葛飾区にお住まいのお客様より、外壁のシーリング箇所の劣化が気になるので、点検と必要であれば工事の見積もりをお願いしたいとのご相談を承りました。
シーリングは外壁材同様、紫外線や雨風などの影響を受けて劣化していきます。
ですので、劣化が確認できた場合は、早めにシーリングの補修を行う事が理想です。
早速、ご相談を下さったお客様のお住まいの点検を行ってきました。

シーリングの劣化症状

実際にお住まいを確認してみると、シーリングの破断が確認されました。
シーリングの破断が起こってしまう原因は、シーリング自体の寿命です。
シーリングの補修には、シーリングの打ち増し、打ち替えがありますが、今回のように、シーリングの破断が確認できた場合は、シーリングの打ち替え工事を行います。
また、お勧めとして、次回シーリングの打ち替え時には、寿命の長いシーリング材を使用することをお勧めしています。
街の外壁塗装やさん東東京では、約20年は長持ちする耐久性の高い「オートンイクシード」をご紹介しております。
オートンイクシードの詳しい内容は「オートンイクシード|20年長持ちする長寿命シーリング材」をご覧ください。

シーリングが劣化してしまう原因

上記でも少しご説明しましたが、シーリングの劣化の原因は、シーリング自体の寿命の他にも、紫外線や、雨風、地震時に建物が揺れる際にシーリングに影響がでてしまう、などがあります。
シーリングの劣化はすぐに補修した方がいいのか?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、シーリングの劣化を放置してしまうと、シーリングの劣化箇所から雨水が浸入し、外壁からの雨漏りの原因に繋がり、お住まいの内部を腐らせてしまったりしてしまうのです。
ですので、シーリングの劣化が確認できた場合は、自己判断はせず、専門の業者に点検を行ってもらうようにしましょう。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 葛飾区でALC外壁をガルバ鋼板サイディングでイメージチェンジ

三階建てのALCを外壁に使用した葛飾区のお客様の建物はルーフバルコニーと外壁目地からの雨漏りにお悩みでした。建ててから初めてのメンテナンスとなりますが、塗装だけでは色を替えたり、一部ラインを入れたりするぐらいなので「物足りない」と感じたお施… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 荒川区の築10年のお洒落な戸建ては屋根と外壁塗装が必要な状態でした

秋の外壁塗装シーズンに台風の影響もあり、「お家を点検して欲しい」というご相談が多く寄せられるようになりました。本日は築10年という戸建て住宅を行いました。こちらのお住まい、外壁に使われている窯業系サイディングがとてもお洒落です。数種類の窯業… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区で外壁も遮熱塗料サーモアイウオールにて塗装中

葛飾区のお客様の塗装工事は屋根はもちろん外壁にも遮熱塗料ニッペサーモアイウォールSiを使用いたします。サーモアイウォールは屋根遮熱塗料のニッペサーモアイでも特徴的な下塗り塗料にも遮熱機能を持たせることで効果の高い遮熱性能を発揮するW反射を行… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に