東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

豊島区の雹被害のお客様の屋根は再塗装と棟板金交換が認められました


一か月以上でも雹紋

豊島区で雹被害にあわれたお客様の屋根工事に入りました。雹で被害を受けたの屋根、雨樋、網戸、戸袋、金属製ベランダ笠木などです。状態としては屋根は塗装済みのコロニアル屋根ですが大型の雹によって棟板金が凹んだりつぶれてしまっていました。屋根表面は雹の当たった後が一か月以上たってもクッキリと残っている状況です。屋根面は再塗装、板金部分は凹んでしまっているので交換を行います。火災保険でもおおむね内容は認められたようです。三階建て建物の屋根ですので当然、足場が必要となります。

棟板金撤去
棟板金撤去

棟板金は0.27mmの厚みの鋼板を使用していました。まずは屋根塗装に先立って棟板金の交換を行いました。なぜ棟板金交換を先にやるというとまったく同じ部分に棟が付くわけでは無く少しずれてしまった時に既存屋根面で無塗装の部分が出てしまうからです。やはり本日の工事でも少しだけ棟のおさまりが変わっていました。

近隣の屋根も雹紋

豊島区の地域ですが、もしかすると一番被害が多かった地域なのかもしれません。と言うのも屋根の上からご近隣の屋根を見渡してみると瓦以外すべての屋根にまだはっきりとわかる雹紋が残されていました。火災保険対応工事の場合は最終的には保険会社の判断には成りますが、未塗装の屋根には築年数にもよりますが葺き替えが妥当とみられるケースもあります。それは既存屋根面が雹で削られてしまっていることがあるからです。保険会社の鑑定人と一緒に屋根にのぼり状況確認をするケースが多いです。写真のような苔がひどかった屋根は一目瞭然で雹の当たった箇所がわかります。

新規に取り付けた棟板金は0.35mmの厚みのガルバリウム鋼板製です。ご存知のように錆に強くなっています。厚みもほんの少し厚くなっていますがこのほんの少しの違いが凹むか、凹まないかの違いになることもあります。雹の被害を受けた地域で雨樋などが破損していたら間違いなく屋根にもダメージを受けている可能性があるので点検を実施し、適切な対処をしていきましょう。三階建ての屋根でも頑張ってのぼらせてシッカリと見させていただいております。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 墨田区で錆びたシャッターを薄いグレー色のニッペファインパーフェクトトップで再塗装

墨田区で外壁塗装工事を行わせていただいているお客様の鉄製シャッターを塗装することになりました。外壁やベランダ鉄部も塗装でキレイになったのにシャッターが塗装されていないのは、やはり気になるところですよね。ベランダの鉄部の塗装色と同色で塗装させ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 墨田区で助成金対象の屋根遮熱塗料ニッペサーモアイで小屋根塗装

墨田区でALC外壁に超高耐久無機系塗料ダイヤスーパーセランフレックスを使って塗装工事を行っているお客様の玄関入口にある小さな屋根はコロニアル葺きになっています。基本的には飾りに近い屋根ではありますが外壁に超高耐久を謳う塗料を使用しながら他の… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区でスレート屋根を点検。屋根塗料ファインパーフェクトベストをご紹介

江戸川区にお住まいのお客様より、屋根の塗り替えを考えているので、点検とお見積りをお願いしたいとのご相談をいただきました。築23年程で、2回目の塗装を検討しているそうです。お住まいの屋根や外壁は、約10年に1度の間隔で塗り替えを行う事が大切で… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に