東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

墨田区のお客様にはエラストコートで外壁塗装を行います


墨田区のお客様の外壁塗装工事が始まりました。外壁は幕板で区切られて三階部分と以下で素材と模様が異なっています。基本的には窯業系のサイディングなのですが表面が吹き付けタイル調になっているのと二回以下の部分は表面がリシン調になっていることもあり超高対候のエラストコートにて塗装を行うこととなりました。

既存目地はがし
専用プライマー

高圧洗浄を終えて、下地の処理に移ります。下地処理項目でも大事なのは目地部分です。前回の塗装時にシーリングの上から塗料がかぶっていたので新築時よりはシーリングの劣化は少ないですがそれでも微細なひび割れなどが起きていました。今回の塗装工事では超高対候塗料をお選びいただいているくらいですので、もちろんシーリングに使用するのはオートンイクシードです。こちらも外壁塗料に負けない耐候性を持っていますので長期にわたって安心して頂ける素材です。作業は既存のシールをはがし、とれてしまったボンドブレーカーを再設置しオートンを充填するための専用プライマーを刷毛をつかって塗っていきます。

オートンイクシードペール缶
オートンイクシード充填

サイディング外壁の目地は平均的な家でも100m以上は目地が有ります。作業のしやすい所としにくいところでは進行状況に相当の差が出ます。手間もさることながら量もかなり使用するのでオートンイクシードのペール缶を二缶とカートリッジタイプを20本準備してのシーリング作業です。

専用プライマー増し打ち
増し打ち

シーリングも完全に既存シールを撤去して新たなオートンイクシードを充填する打ち替えと窓廻りや水切りとの接合部分やサッシ廻りなど既存シールのうえからかぶせる増し打ちがあります。どちらにしても使用するのはオートンイクシードです。この暑い時期でもオートンの乾燥には少し時間が必要です。今後下塗り、中塗り・上塗りと進んでいくに当たり、最終的な色をお客様に見本板を持って屋外で確認をしていただきながら決定いたしました。

あなたの近くの街の外壁塗装やさんはこちら

 街の外壁塗装やさんは東京都以外にも千葉県、神奈川県などでも屋根、外壁塗装工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の外壁塗装やさんをお選びください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江戸川区でモルタル系外壁塗装を高弾性エラストコートで塗装します

江戸川区のお客様は屋根からでは無い、雨漏りでお悩みでした。屋根からでないのがなぜわかったのかと言うと、もちろん小屋裏まで確認をしているからです。 お客様の家は木造モルタル外壁の三階建てで、過去にはサッシの交換を何カ所かされたことがあるそうで… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区の木製破風板塗装は下塗りから5回塗りで仕上げました

葛飾区のお客様の屋根外壁塗装工事の付帯部分塗装を実施しています。破風板の色を屋根と同色にするか、白系にするか、かなり迷われたのですが、最終的には白系で塗ることになりました。通常、雨樋と破風板は同色で塗ることがほとんどです。なぜ、屋根色と同色… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区|パーフェクトトップの標準色でも中間色へも調色可能なんです

葛飾区のお客様の屋根外壁塗装工事を行っています。使用している塗料は、屋根に遮熱塗料サーモアイSi、外壁にはハイブリッド型塗料のパーフェクトトップです。この組み合わせは、もはや「鉄板」とも言える組み合わせで、間違いのない塗料選択であり、仕上が… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に