東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

狛江市和泉本町にて遮熱塗料であるサーモアイSiによる屋根塗装工事のご紹介


 今回ご紹介いたしますお客様は、狛江市和泉本町にお住まいのお客様で、屋根のメンテナンスをしたいとことでご相談を承りました。お客様のお住まいは今年で築17年目、先日、ご近所の方から屋根の一部が傷んでいるようです、とご指摘を受けたそうです。そのご近所の方は最近屋根の補修工事を行ったとの事で、その際お客様の屋根も気になったとの事でした。ご近所の方からご指摘を受けたからと言っても、自分で屋根の状態を確認できるわけでもないので、屋根専門の業者に一度確認してもらおう、という事になり、弊社にご相談されたそうです。

ビフォーアフター

before
施工前
arow
arow
after
施工後

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 
使用材料
サーモアイSi
築年数
17年
施工期間
10日間
保証年数
10年

点検の様子

棟板金の様子
釘が浮いています

 屋根は化粧スレートを使用しています。お客様のお住まいは今年で築17年目との事ですが、築10年目の時に一度、塗装メンテナンスを行ったそうです。ですので、まだ塗膜がしっかりと残った状態です。ただ、軒側にはすでに苔が繁殖しており、日光が当たりにくい北側の斜面の屋根は塗膜が浮きはじめ、ところどころ剥離してきていました。

 棟板金を見てみましょう。まだこちらも塗膜が残っており、錆などは一切見られませんでした。ですがところどころ反りなどの変形が見られ、スレート屋根との間に大きな隙間ができてしまっています。
前回のメンテナンスの時に、棟板金は交換を行わなかったようで、塗装のみ行ったようです。釘の抜けや浮きも多く、貫板も経年劣化しており状態も悪いようでした。

クラックが発生
縁切りされていません

 またスレートの状態を見てみますと、あちらこちらでひび割れが発生していました。
 またスレート材の重なり部分が塗膜で完全にふさがれてしまっている個所が多数見つかりました。一見すると隙間がないほうが雨漏りしないように感じますが、これは実は逆で、浸透してしまった雨水を逃がす通り道を塞いでしまった状態になります。雨水はスレート材を固定した釘穴などから屋根材の下へ入り込んでしまう場合がありますが、その際通り抜ける道筋があればそこを通って抜けてしまうのですが、その抜け道を塞いでしまいますと逃げ道を失い、屋根材の下へ下へと浸透していってしまいます。そうならないように、屋根材の重なり部分に隙間を作るタスペーサーを設置したりするのですが、そういった工夫が一切なされていませんでした。

 ひび割れが入った個所が複数個所ありますが、まだスレート自体の状態は良好で、歩いた感触からしても野地板や垂木の状態がまだしっかりしているのが伺えます。
 屋根の状態からすると、葺き替えの必要もなく、今回は塗装工事で充分対応できそうですので、屋根の補修作業と塗装工事、棟板金の交換工事をご提案、ご依頼を承りました。

サーモアイSiによる塗装工事の様子

貫板の撤去
新しい貫板の設置

 足場を設置した後、まずはすべての板金を撤去いたします。貫板も同時に撤去します。板金の方は塗装を行っていてきれいですが、中の貫板の方はすでにかなり傷んできていて、脆くなっていますので、慎重に外していきます。
 全て撤去した後屋根の上を掃除し、新しい貫板を設置していきます。貫板をステンレス製のビスで固定していきます。
 新たに設置した貫板の上に、棟板金を設置していきます。新しい棟板金はガルバリウム鋼板製の棟板金です。軽くて丈夫、しかも錆びにくく加工もしやすいと、良い事づくめという人気の金属屋根材です。屋根の軒側から、つまり隅棟側から設置していきます。雨漏りしないように、棟の横からビスで止めていきます。

棟板金の設置完了

 隅棟が完成しましたら、次は大棟板金の設置です。棟の寄り合い部分の継ぎ目には、シーリング材を充填し、つなぎ目からの雨水の浸入を防ぎます。
 これで工事は完了です。

ケレン作業
クラック補修

 棟板金の設置が済みますと、次は塗装工事なのですが、その準備段階として、スレート表面の下地処理を行います。塗膜の浮きや剥がれなどを剥がして表面を均して行きます。

 続いてひび割れたスレートを補修していきます。割れた部分をコーキング処理で補修いたします。乾燥後に表面を均し平らにします。

タスペーサー設置
タスペーサー設置

 続いて屋根材の重なりに隙間を作るべく、ヘラを使って縁切り作業を行います。塗膜を破って隙間を作り、そこにタスペーサーを設置していきます。
 これで上から塗装を行っても雨水の通り道を確保することができます。

下塗り塗装
下塗り塗装

 塗装は下塗り・中塗り・上塗りの基本3回塗りを行っていきます。

 まずはシーラーで補修個所を中心に塗っていきます。下塗りは、スレート表面と仕上げ塗料の密着性を高める為にはとても重要な工程です。
 下塗りの塗料が十分に乾いたのち、仕上げ用塗料を塗っていきます。

中塗り塗装
仕上げ塗装

 今回使用しているのは日本ペイントのサーモアイSiです。カラーはクールディープグレーです。サーモアイSiは非常に高い遮熱性を誇り、夏場などは室温が下がるほどの効果が得られる人気の塗料です。仕上げ塗装は2回塗ります。乾燥させて重ね塗りすることで十分な塗膜の厚みを作り、塗料が持つ本来の性能を発揮しますので、しっかりと丁寧に塗装をおこないます。広い面はローラーを使い、細部は刷毛を使用して塗り残しが無いように丁寧に塗っていきます。

 再度十分乾燥させた後最後の仕上げ塗装を行います。重ね塗りをすることで塗り斑もなくきれいに仕上がります。

 これで塗装完了です。

屋根塗装工事、竣工

完工

 塗膜に充分な厚みが出たため、光沢が増しているのが分かります。防水性が高まり耐久性も上がりました。美しく生まれ変わった屋根をご覧いただき、お客様にも大変喜んで頂くことができました。屋根の塗装工事の事なら私たち街の外壁塗装やさんにお任せください。

街の外壁塗装やさん
多摩川支店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1

街の外壁塗装やさん多摩川支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 武蔵野市中町にて化粧スレートの調査、築18年で経年劣化したスレートに遮熱性塗料サーモアイSiによる塗装工事をご提案

 本日は武蔵野市中町にお住まいのお客様より、屋根塗装メンテナンス調査のご依頼を承りました。お客様は先日、ご近所で工事をされている業者の方から、屋根の一部が浮いてしまっている、とご指摘を受けたとの事で、心配になりインターネットで調べて違う業者… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 練馬区関町にて化粧スレートの調査、築19年経過して苔が繁殖したスレートにファインパーフェクトベストによる塗装工事をご提案

 本日は練馬区関町にお住まいのお客様より、屋根メンテナンスのご依頼を承り、その調査に伺った時の模様をお伝えします。お客様のお住まいは今年で築19年になり、屋根の汚れが気になるようになってきたので塗装メンテナンスを行いたい、とのことでした。お… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 東久留米市小山でサビて塗膜が剥がれたトタン屋根は塗装工事でメンテナンスします

 東久留米市小山で屋根の塗装工事をおこないます。  バルコニーが乗っている1階の屋根はトタンの瓦棒葺きで、何度か塗装工事をおこなった事があるそうです。トタン部分は定期的に塗装工事でのメンテナンスをおこなわないとサビが出てしまいます。サビが出… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に