東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

江東区東砂にて台風で飛散した棟板金の交換と被災したスレート屋根を塗装


 令和元年房総半島台風、令和元年東日本台風と立て続けに2つ続いた台風で棟板金が剥がされてしまった江東区東砂のお客様です。もともと「この秋は屋根塗装をしよう」と計画していたそうで、「台風が通過したら業者選びをしよう」と思っていたら、台風被害に遭ってしまったということでした。お客様は私達が塗装業者なので、屋根に対応できるか不安だったそうですが弊社のサイトに棟板金交換と屋根塗装を行っている工事例が紹介されていたので、私達にご相談くださいました。

ビフォーアフター

before
棟板金が剥がされてしまったスレート屋根
arow
arow
after
棟板金交換と屋根塗装されたスレート屋根

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 その他 
使用材料
パーフェクトベスト,ガルバリウム製棟包
築年数
築16年
ハウスメーカー
ご親戚の工務店 
施工期間
6日間
保証年数
5年間(屋根塗装)
建坪
72.0㎡(屋根面積)

点検の様子

お庭の片隅におかれていた棟板金
棟が剥がされたスレート屋根

 屋根から落下して来た棟板金はお庭に置いてありました。こちらのお家は敷地内に大きな木があるのですが、台風でその枝がかなり折れてしまったしまったそうです。それもまとめて置いてありました。屋根にのぼってみると、棟板金の大半がなくなっています。現在、築16年でまだ、メンテナンスは行ったことがないそうです。

貫板が割れている
スレート屋根に飛来物がはまりこんでる

 残った棟板金を見てみますと固定していた釘は抜けていますし、貫板も割れています。棟板金の耐用年数は状況によって大きく異なるので何とも言えませんが、屋根塗装をするのだったらその時に新しいものに変えておくべきです。スレートとスレートの重なり部分に何かの樹脂片が挟まっています。強風で割れしまった何かの樹脂片なのでしょう。工事前に取り除いておきます

施工の様子~棟板金交換とスレート屋根塗装

足場の仮設
木を避けて足場を仮設

 足場を仮設してメッシュシートを足場のパイプに留めていきます。都内は足場の仮設で結構、苦労することが多いのですが、今回はお庭の木が問題でした。木の枝と枝の間にパイプを通して仮設し、無事に工事が行えるようになりました。街の外壁塗装やさんではこういった場合、極力、植物を傷付けない方法を取っています。

棟板金を交換
貫板を新しいものへ

 棟板金交換の様子です。まずは残された棟板金を撤去していきます。その後、清掃し、新しい貫板をスレート屋根に固定します。現在は腐食しない樹脂製の貫板があり、本当はそちらを使用した方がいいのですが、台風の所為で品薄になってしまい、手に入らない状態です。従来と同じ杉板を使用します。

新しい棟板金の設置
ビス止めされた棟板金

 新しい棟板金を貫板に被せて固定していきます。新築時は釘で固定されることがほとんどですが、街の屋根やさんではステンレスビスを使用します。錆びにくいのはもちろんのこと、ネジなので緩み難いからです。こういったちょっとした工夫だけでも風に強い棟板金になります。

高圧洗浄機
スレート屋根を高圧洗浄

 棟板金の交換が終わったところで高圧洗浄に移ります。現在、高圧洗浄機も身近なものとなり、ご家庭にもあるという方も多いのではないでしょうか。それとは全く水圧が違うのがプロ仕様の高圧洗浄器です。外壁塗装や屋根塗装で使用される高圧洗浄機は最大で150kg以上の水圧を掛けることができます。こびりついた汚れも一網打尽です。

シーラー塗布
パーフェクトベスト中塗り

 ファイン浸透シーラーを使用して下塗りを行っていきます。ファイン浸透シーラーは仕上げ用塗料を密着させるだけでなく、傷んだ下地を強化するはたらきも持っています。築年数が経過したスレート屋根を塗る場合、最も適した下塗り材の一つです。シーラーが乾燥したところで仕上げ塗りの1回目をファインパーフェクトベストで行っていきます。

タスペーサーの設置
上塗り

 ここでタスペーサーが設置されていないところを発見しました。タスペーサーとはスレートとスレートの重なり部分に挟み込み、隙間を設けるものです。この隙間は通気や尾根材の下に入った雨水を排出するためのものです。この隙間がないと雨漏りに繋がります。街の屋根やさんは塗るだけじゃなく、今までの工程でのミスもチェックしながら施工を行っています。

竣工、棟板金交換とスレート屋根塗装

棟板金の交換とスレート屋根塗装、竣工

 棟板金交換とスレート屋根塗装が竣工しました。今回はスレートの下地の傷みが出ていたので保証は5年とさせていただきました。リフォームの繁忙期は春と秋で、その理由は新しい生活がはじまるからだと言われています。ちょうど秋口にリフォームを計画していても甚大な台風等がくれば、その予定は狂ってしまうし、資材も不足します。昨今の凶悪化する台風を見ているとそういった災害の少ない時期にリフォームするのも一つの手と言えるでしょう。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 練馬区田柄にて、苔が繁殖してしまったスレート屋根に耐候性の高いファインパーフェクトベストをおすすめ

 「築15年過ぎて屋根もの汚れてきているので塗装工事をお願いしたい」というご相談をいただきましたのは、練馬区田柄にお住まいのお客様です。今年で築15年目を迎えるとのことで、塗装メンテナンスは今回が初めてとのことでした。すでに15年経過してい… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 国分寺市日吉町にて屋根塗装工事前の点検調査、築19年目のスレート屋根は塗装塗膜が劣化してしまい苔が広範囲に繁殖していました

 「来年で築20年になるのですが、かなり屋根が汚れてきたので塗装メンテナンスをお願いしたい」というご依頼をいただきましたのは、国分寺市日吉町にお住まいのお客様からです。今まで一度も塗装メンテナンスを行ったことがなかったという事で、今年で築1… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 小金井市緑町にて屋根と外壁の塗装工事前点検、25年経過して塗膜が劣化し苔が広範囲に繁殖

 今回は小金井市緑町のお客様より承りました、屋根と外壁の塗装前調査の様子をお届けいたします。今回ご紹介いたしますお客様は、今年で築25年目になるお住まいですが、今まで一部の外壁シーリングの補修工事のみ行ったことがあるそうですが、屋根、外壁と… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に