東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

台東区東浅草にてクラックが多数見られた屋上をウレタン防水工事(通気緩衝工法)


 屋上のある2階建てにお住まいの台東区東浅草のお客様です。購入してから結構な年月が経過しており、最近では屋上の床面のひび割れが気になり、雨漏りに繋がらないかかなり不安とのことでした。お客様に詳しいお話を聞いたところ、これまで雨漏りしたことはないそうです。
 点検を行ったところ、屋上はポリマーセメント系の塗膜防水がされているようです。ポリマーセメント系の防水はコンクリートをそのままの床に見えることが特徴ですが、固いためにひびやクラックが入ることがあります。今回は柔らかいウレタン防水(通気緩衝工法)で屋上を改修します。

ビフォーアフター

before
防水工事前の屋上
arow
arow
after
防水工事でリフレッシュされた屋上

工事基本情報

施工内容
防水工事 
使用材料
DSカラー・ゼロ,エクセルトップ
築年数
21年
ハウスメーカー
不明 
施工期間
7日間
保証年数
お付けしておりません
建坪
30.1㎡(施工部分)

点検の様子~ひび割れた屋上の床

洗濯物干場として活用されている屋上
床面に走るクラック

 現在は主に洗濯物を干す場所として使われている屋上です。こちらのお客様のお子様が小さい頃はよく屋上で遊んでそうで、思い出深い場所だそうです。床面には大きなクラックが入っています。

パラペット部にもクラック
さまざま部分にクラックがある

 クラックは屋上の床面だけでなく、パラペットにも発生しています。年月の経過により、建物にクラックが入ってしまうことはある程度、仕方のないことです。大事なのは最適な時期に最適なメンテナンスを行うことなのです。お客様の屋上は雨漏りしていないということですから、ぎりぎり間に合ったというところでしょう。

施工の様子~ウレタン防水通気緩衝工法

雑然としている屋上を整理
床を高圧洗浄、積年の汚れが溜まっている

 固いポリマーセメント系の防水から柔軟性のあるウレタン防水へと変更します。発生したクラックから下地に雨水が染み込んでいることが予想されるため、その水蒸気をが排出できるよう通気緩衝工法のウレタン防水を行います。まずは屋上に溜まったこれまでの汚れを高圧洗浄で洗い流していきます。

綺麗になりました
不陸調整

 長年の汚れが取れたところで不陸調整を行います。不陸調整とは平らでないところを均していき、雨水をしっかりと排水できるように排水勾配を付けていく作業です。ポリマーセメントでクラックを埋めながら、排水口に向けて数度程度の勾配を付けていきます。熟練の職人技ですね。

プライマー塗布
絶縁シート

 不陸調整を行い、その下地が乾きましたら、プライマーを塗布していきます。今回は通気緩衝工法ですので、防水層と下地を触れさせないようにするため、絶縁シートを敷設していきます。絶縁シートは湿気を通すので、下地に染み込んでいた水分が蒸気となればこのシートから通り抜けていくことができます。通り抜けた蒸気は脱気筒から大気中に排出されます。

絶縁シートのズレ防止のためにメッシュテープを貼る
テープ貼り完成

 建築現場で使うシートや壁紙などの裏紙やそのものには必ずといっていいほど、マス目が印刷されています。これ、切断したりするとに大きさの目安として付けられているのです。真っ直ぐ切断する際にも役立ちます。こちらの絶縁シートは隠れてしまうため、シートそのものにマス目が印刷されています。

立ち上がり部にもメッシュシート
ウレタン塗膜防水は立ち上がり部から

 絶縁シートがズレないようにメッシュテープを貼っていきます。テープがメッシュ状になっているのはウレタン防水材を流れにくくするためです。垂直の立ち上がり部分などはこのシートがないとウレタン防水材が重力に負けて垂れてしまうこともあるので、うまく防水層を形成できないこともあります。

ウレタン防水1層目
ウレタン防水2層目

 床面にウレタン防水材を塗布していきます。まず最初に1層目を形成し、その後、2層目を塗布していきます。防水層を複層にしておけば、それだけ漏水に強くなります。これまでの床と大分、違う雰囲気になりましたね。

トップコート塗布

 防水層が形成できましたら、最後の仕上げのトップコートです。ウレタン防水は紫外線に弱いので、トップコートで保護してあげる必要があります。トップコートの耐用年数はおよそ5~7年と言われています。5~7年を目安に再度、トップコートの塗布を行えば、ウレタン防水の寿命を延ばすことも可能です。

竣工、通気緩衝工法によるウレタン防水

トップコート完成

 屋上のウレタン防水(通気緩衝工法)が竣工しました。ウレタン防水の耐用年数は十数年程度と言われています。密着工法よりも通気緩衝工の方が数年、耐用年数が長いとと言われています。これで屋上の床面のクラックもなくなりましたので、安心して生活できるでしょう。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 新宿区落合にてラジカル制御塗料のパーフェクトトップを使用した外壁塗装とシーリング打ち替えが竣工

 先日、ウレタン防水工事の様子をご紹介しました、新宿区落合で築13年になる邸宅のシーリング打ち替え工事と外壁塗装の様子をご紹介します。塗装によって外壁のイメージは大きく変わりましたので、最後までご覧ください。  まずは、目地のシーリング打ち… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 新宿区落合にてひび割れたベランダ床をウレタン防水(通気緩衝工法)でメンテナンス!

 新宿区落合で築13年になるお客様邸の防水工事と外壁塗装が竣工しました。点検では、ベランダ床にひび割れが見られ、下地が水分を吸収していることが予測されました(点検の様子はこちら)。ベランダ床は、ウレタン防水の通気緩衝工法を実施しましたので、… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区細田で屋根外壁の塗装工事、ベランダもトップコートを塗布していきます

 葛飾区細田で屋根塗装、及び外壁塗装工事を施工しております。メインの屋根外壁の塗装工程も終わり、作業は最終版に入っております。付帯部塗装工事で雨樋や破風板なども仕上がり、昨日からベランダも施工させて頂いております。既存がFRPの防水となり、… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に