東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

ベランダの防水工事を行うタイミングと補修方法をご紹介


お住まいのベランダは雨や風に晒されるため、一般的に防水工事を施さなくてはいけません。
また、お住まいを建ててから随分経つ場合は、外壁や屋根の塗膜同様、ベランダの防水加工も劣化してくるため、再度防水工事を行う事が必要になってきます。
ベランダの防水加工を行わずに放置したままにすると、雨水が次第に下地に浸入し、雨漏りを引き起こしてしまいます。
そこで本日は、ベランダ防水工事のタイミングや種類など、必要な知識をご紹介いたします。

ベランダ防水工事のタイミング

ベランダの防水工事のタイミングを逃してしまうと、雨漏りなどの劣化症状を引き起こしてしまいます。
雨漏りが起こってしまうと、お住まいの構造まで劣化が生じ、補修費用がさらに掛かってしまいますので、ベランダの防水工事は適切なタイミングで行いましょう。
ベランダの防水工事が必要かどうか見極めるには、以下の症状があるか確認することがお勧めです。
①ひび割れ
②塗膜の剥がれ、膨れ
③ベランダに水たまりができる
④雨漏り
上記の中でも特に、雨漏りは緊急性が高いですので、発見した場合は早急に専門の業者に点検や見積もり、工事の依頼を行いましょう。

FRP防水・ウレタン防水

一般的なベランダの防水工事には、FRP防水とウレタン防水の2種類があります。
FRP防水は、耐久性が高い、耐摩耗性に優れている、軽量でお住まいに負担が少ない、などのメリットがあり、一般的なお住まいのほとんどはFRP防水がほとんどです。
ウレタン防水は、狭小部や複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜が形成できるのが特徴で、工期が短く、施工しやすいです。また、いろいろな下地に対応でき、既存の下地を生かすこともできる為、廃材が少なく済みます。
街の外壁塗装やさん東東京では、外壁や屋根の塗替えだけでなく、お住まいのベランダの防水工事も承っておりますので、今まで気にされてこなかった方や劣化症状が気になるという方はお気軽にご相談ください。

江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に