東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

江東区東陽でビルの入口上部の鉄部に点々とした錆びが発生。鉄部塗装は下地調整が重要です。


江東区東陽にあるオフィスビルで、入口のエントランスにある鉄製の庇に点々と錆びが始まっていて、気になるので見てもらいたいとのご依頼を受けました。そこで現地調査にお伺いし状況確認を行ったところ、このように確かに所々点々とした錆びの症状が発生していたのです。

ビルの入り口の鉄製庇に錆び!塗装後間もなくても、このように症状が出るケースはあります。

ビル入口エントランスの上部に鉄錆びが発生
お話しを聴くと3年弱前に鉄部塗装をしたとの事で、それほど年数が経っていないのに、このような状態になるのか疑問を持たれておりました。確かに庇の周囲の軒天は非常に綺麗で、未だ塗装後3年と言うのも頷ける状況でしたが、鉄製の庇部分には少しずつ茶色い錆びの症状が出始めております。

より近くで確認すると確実に症状は進行しています!

エントランスに使用している鉄製庇に斑点状の錆びが出ている
このように近くで見ると全体的に点々と錆びが始まっている状況が判ります。やはり、ビルのまさに入口の真上に症状が出ているので、どうしても目立つ事から、オーナー様サイドとしてもひどくなる前に手を入れたいとの意向でした。
鉄製庇のコーナー部分は特に錆びの症状が進行している
庇の横面の部分に関してはもっと症状が進んでおり、錆びが徐々に広がって行ってる様に映ります。前回3年前の塗装工事でしたが、下地調整が甘いと年数が経たないうちにこのような症状が出る場合が有るとご説明致しました。

鉄部塗装は下地調整が重要です!

鉄部塗装前のケレン作業による下地調整
鉄部塗装工事は、ただ単に塗装を掛ければ良いというものではありません。鉄はどうしても錆びやすい特性があるので、先ずはこの様なケレン作業と呼ばれる錆び等を削り取り、下地を調整していく事が重要となります。
鉄部塗装における下塗りによる錆止め処置
更に錆びを抑制する機能のある下塗り材を錆止めとして塗布していく事が大事です。塗装工事は一時の見た目を良くする為にするものではありません!その見た目を出来るだけ長く持たせる事が一番重要な塗装の目的となるのです!

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 豊島区高松で超高耐候塗料スーパーセランフレックスで外壁塗装を実施

豊島区高松のS様邸で高耐候塗料で外壁塗装・屋根塗装を行っています。屋根はニッペの遮熱塗料サーモアイシリーズの中でも一番対候性能の高いサーモアイ4fを使用し、外壁には無機系塗料と有機系塗料の良いとこどりをしたダイヤスーパーセランフレックスを使… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 墨田区立川で築25年アパートの外壁塗装工事依頼、現地調査を行いました

墨田区立川で、アパートオーナーのお客様より外壁塗装工事を始めとした全体的なお手入れを検討しているとのご相談を承り、早速現地調査にお伺い致しました。建物は25年を経過した3階建ての建物で外壁材がALC、屋上部分が陸屋根のコンクリート仕上げとな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊島区高松でコロニアル屋根に遮熱塗料サーモアイ4Fを塗装中です

豊島区高松で屋根外壁塗装工事を始めました。三階建て木造住宅で屋根は一部急こう配のコロニアル屋根です。雹の被害も受け今回屋根外壁と塗装を行う事になりました。屋根は遮熱塗料サーモアイ4Fを使用します。屋根には2017年に降った雹の痕跡があったの… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に