東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

スレート屋根の劣化具合を点検|葛飾区


葛飾区にお住まいのお客様より、屋根の塗装を考えているので、お見積りをお願いしたいというご相談を承りました。
お話を伺うと、屋根の塗装は13年程行っておらず、時期的にも必要かなということと、最近になって訪問業者や屋根塗装を促すチラシなどが入るようになったということで、一度点検とお見積りをお願いしようと考えたそうです。

スレート瓦の塗装は約10年目が目安です

早速、ご相談を下さったお客様のお家の屋根を点検してまいりました。
使われている屋根材は、最近もっとも主流となっているスレート瓦です。
スレート瓦の寿命は約30年ほどです。
しかし、メンテナンスの具合にもより、10年以上塗装をしていないと防水性などの機能が落ちると同時に屋根材の劣化具合も一気に進み、屋根の寿命を短くしてしまいます。
寿命となった屋根は、塗装ではどうすることもできなくなってしまうので、屋根の葺き替えや屋根カバー工事などを行います。
屋根葺き替えや屋根カバー工事は屋根塗装に比べると、かかる費用も高額ですので、やはり定期的に屋根塗装を行い、屋根の寿命を延ばしてあげることが大切です。

劣化症状を確認

お客様のお住まいの屋根の劣化具合を確認していきます。
まず、屋根の色褪せ、この症状が出ていると、既に塗膜が劣化してしまい防水性が切れていることがわかります。
また、コケや藻の発生もみられます。コケや藻の発生は、スレート瓦自体に水分が滞留し湿気が高くなっているためです。
他にも、スレート瓦のひび割れや欠けが確認できます。
今回点検で確認できた劣化症状はどれも、早めに塗装を行うべきサインです。
こういった劣化症状を放置し続けると、次第に屋根からの雨漏りにも繋がりますので、早めに対処をしましょう。
ご自宅の屋根の劣化症状は普段目にする機会がないため、放置しがちです。
ですので、前回塗装をしてから10年近く経つ方や、あまり普段屋根を気にされたことのない方は一度屋根の点検を行ってみてはいかがでしょうか。
街の外壁塗装やさん東東京はお住まいの外壁だけでなく屋根の点検、お見積りを無料で行っています。
また、どんな塗料が良いのか、色が良いのかなど塗装に関するご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 台東区谷中にてお客様の実体験から分かった中古物件を購入時に気をつけたいこと

台東区谷中で築浅というよりも新古というくらい条件のいい物件を手に入れたというお客様からのご相談です。築年数がそろそろ十年になるということで、メンテナンスのご相談を受けました。チャンスがあるならば、私もそういった物件を手に入れてみたいものです… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 荒川区町屋で太陽光パネルを載せたスレート屋根への塗装のご依頼

2012年から始まった「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」。この制度によって太陽光発電パネルが爆発的に普及しました。その頃、屋根に太陽光を載せたという方も多く、今回の荒川区町屋のお客様も2012年に設置したそうです。この時は新築後5年く… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区亀有でALC外壁塗装とガルバサイディングを行ったお客様のビフォーアフター

葛飾区亀有のお客様の三階建てALC住宅で超高耐久塗料ダイヤスーパーセランフレックスを使用した外壁塗装とIG工業のガルバ鋼板サイディングを使用した部分外壁カバー工事を行いました。塗装だけでは出せないイメージを部分的に外壁カバー工事を行うことで… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に