東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

葛飾区|付帯部の塗装と屋根縁切り


本日は葛飾区にて外壁付帯部の塗装と屋根の縁切り作業を行いましたのでご報告致します。近い将来建て替えを検討されているということで全体で塗装するか、傷んでいる箇所だけ塗装するか悩まれておりました。

破風板部の下地処理の様子です。現在の塗料や付着しているゴミを落とすケレン作業となります。ケレンせずに塗装をしてしまうと早い時期に剥がれてきてしまう可能性が高くなってしまいますので重要な作業です。

ケレン等下処理を終えたら塗装していきます。今回は部分的な傷みが激しいところのみ塗装をしています。

玄関ドアも同様にケレン作業を行い、塗装仕上げを行っていきます。下地の状態にもよりますが、塗料の付着が期待通り見込めない状態になっている場合もありますので、その際は入念に下処理を行います。

屋根縁切りの様子です。前回塗装をされた際にタスペーサーの挿入をしていなかったので屋根材同士がくっついてしまっていました。実際に雨漏りまでしてしまっています。なぜかというと屋根材の隙間に入り込んだ雨水が逃げ場を失い屋根裏に入り込んでしまうことが原因です。

縁切りしている途中で雨水が中から出てきました。数日雨は降っていなかったのでだいぶ入り込んでいたのでしょう。屋根塗装をする際にはお見積りの中にタスペーサー挿入工事と入っているか注意して見てみてください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 葛飾区の木製破風板塗装は下塗りから5回塗りで仕上げました

葛飾区のお客様の屋根外壁塗装工事の付帯部分塗装を実施しています。破風板の色を屋根と同色にするか、白系にするか、かなり迷われたのですが、最終的には白系で塗ることになりました。通常、雨樋と破風板は同色で塗ることがほとんどです。なぜ、屋根色と同色… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区|パーフェクトトップの標準色でも中間色へも調色可能なんです

葛飾区のお客様の屋根外壁塗装工事を行っています。使用している塗料は、屋根に遮熱塗料サーモアイSi、外壁にはハイブリッド型塗料のパーフェクトトップです。この組み合わせは、もはや「鉄板」とも言える組み合わせで、間違いのない塗料選択であり、仕上が… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊島区で鉄部など付帯部塗装をファインパーフェクトトップで実施

豊島区のお客様の屋根外壁塗装工事で付帯部分の塗装を行いました。付帯部分とは?簡単に言えば屋根外壁以外の部分ですが、具体的に言えば「雨樋」「軒天」「土台水切り」「シャッターボックス」「出窓天馬」「霧除け屋根」「その他配管類」と言ったところでし… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に