東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

葛飾区|シート防水からウレタン防水へ再防水工事中の大事件は?


葛飾区で屋根外壁塗装工事をおこなっている現場でベランダ再防水工事を行っています。そこで問題発生です。掃出し窓の下とベランダ面の隙間が狭いためウレタン塗膜防水にて再防水工事を行う予定で既存のシート防水を剥がしたところ水が廻ってしまっていたらしく排水口の廻りのベニヤがすっかり腐食してしまっていました。これは事件発生です。急きょ大工を入れての下地補修工事を行いました。開けてみないとわからない事とはいえビックリです。逆にわからないまま放置をしていたら被害はより一層拡大していたことを考えると怖いですね。お客様の家はツーバイフォー住宅ですのでベランダ床だけをそっくり交換と言うわけにはいかない構造です。追加工事とはなってしまいますが全体的にやり直すことに比べたら全然予算は少なくて済みます。早期発見が何に関しても完治の早道ですね。

排水ドレンを外してみてビックリです。完全にベニヤが腐食しきってしまっています。恐らくどこかに亀裂が生じてかなりの長い時間をかけて腐食が進んだものと考えられます。

急ぎ大工職人によるドレン周りの補修、補強工事を行い、天候の兼ね合いもあって予定より二日遅れでの防水工事着工となってしまいました。補修を行わないベランダ面のシートは剥がすとベニヤが一緒にくっついてきてしまう為その上からウレタン塗膜防水工事を行います。カチオン系下塗りで下地処理を行い、自着シート、端部処理を行っていきます。

面積は小さいながらも水分を含んでいることが想定されるため、工法は通気緩衝工法で防水工事を行います。通気緩衝工法独特の脱気盤が目印です。最近はあまりの暑さにゲリラ豪雨と工事に気が抜けない日々が続きますが気温が高いせいもあって早く塗膜が乾くのが救いです。本日はこのあとウレタン塗膜塗装の一層目を流し込んで終了となりました。あと一日で完成の予定です。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 葛飾区|ベランダの防水工事をお考えの方からのご相談

葛飾区のお客様よりベランダの防水についてのご質問を頂きました。築20年近く経っているそうですが、ベランダは全く気にしていなかったそうです。最近になってベランダの防水工事について気になったそうで、今回街の外壁塗装やさん東東京店にご相談を頂きま… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区|アパートの屋上メンテナンスについて

先日アパートのオーナー様より屋上のメンテナンスは必要なのでしょうか?といったご質問をいただきました。アパートやマンションを建てた建設会社の方がオーナー様に引き渡す際に、今後のメンテナンスの必要性をうまく伝えられていないことで、屋上のメンテナ… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に