東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > 未分類 > 世田谷区弦巻にてスレートの屋根調査、飛散した棟板金の交換工事...

世田谷区弦巻にてスレートの屋根調査、飛散した棟板金の交換工事とファインパーフェクトベストによる塗装工事のおすすめ


 本日は世田谷区弦巻にお住まいのお客様より、「屋根の一部が外れかかっているみたいなので見てほしい」とのご相談を承りました。今回ご紹介するお客様は今年で築21年目になるお住まいで、数年前にも一度、棟板金が台風の影響で外れてしまったとの事で、地元の業者さんに頼んで修理をしてもらったことがあったそうです。築21年目という事もあり、他に塗装なども考えているとの事でした。

強風により捲れた棟板金

お住まい外観
外れかかった板金

 さっそく調査を行いました。屋根に上って調査します。まず目に飛び込んできたのは、外れかかった棟板金でした。強風に煽られた影響で、釘が外れ、大きくめくれていました。残っている板金をよく見ますと、釘穴の隣にもう一か所、ビスで固定しています。一度外れかかった板金をそのまま戻して、ビスで固定し直したようです。すでに前回の補修工事の時点で築10年以上は過ぎていたはずですので、貫板をそのままにして外れかかった板金を曲げ直し、上から釘の打ち増しだけで対応したというのはちょっといただけない話ですね。このように再発を招くのは明らかで、場合によっては外れた板金が落下して人や隣家に当たったりなどして二次被害を招く恐れもあります。また、以前開けた釘穴をふさぐこともしていませんでした。これでは釘穴から雨水を取り入れて腐食させるようなものです。こちらの棟板金は経過した年数から言っても、貫板から全部交換したほうが今後の為でしょう。

築21年で苔が繁殖した状態

打ち増しされた釘
苔だらけのスレート

 屋根材の方もみてみましょう。使用されている屋根材は化粧スレートになります。築20年過ぎということを意識してか、屋根の汚れが気になってきたというお話をいただきましたが、見てみると確かに見た目でスレートの塗膜が劣化していて、苔などが広範囲にわたり繁殖しています。特に日の当たりにくい北側の面はかなり苔で茶色に変色している状態でした。こちらは汚れやカビ、苔の繁殖も含めて、高圧洗浄できれいに洗い流すことができます。

スレート屋根

 お客様には撮影した写真をご覧いただきながら屋根と外壁の状況をご説明いたしました。スレート屋根に関しては現在の状態から判断し、高圧洗浄と塗装工事をご提案させていただきました。塗装には耐候性、耐久性バツグンの日本ペイントのファインパーフェクトベストをおすすめしました。棟板金は状態から、棟板金の交換工事をご提案させていただきました。私達街の外壁塗装やさんでは、お客様のお住まいにご訪問する際は、必ず新型コロナウイルス対策を行っております。屋根・外壁に関してご不明な点がございましたら、一度街の外壁塗装やさんにお気軽にご相談ください。

江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に